movie
メルボルン体感動画!

動くGO豪メルボルン Vol.16 (Tram75編)

丘を超えて行こうよ! メルボルントラム最長距離の路線の旅!

2012年12月13日掲載

 


今回のトラムの旅は、メルボルントラムの中で最長距離を走るという75番をフォーカスしました。ちなみにその運行距離の22.8kmを約1時間15分かけて走ります。

出発してすぐシティサークル内を東まわりに走った後は、フィッツロイガーデンを訪れます。

 

フィッツロイガーデンはシティからもとても近く、150年の歴史を誇る、緑豊かな公園です。ニュー・サウス・ウェールズ州(1846-1851)、オーストラリアの植民地(1851-1855)を統治していたSir Charles Augustus Fitzroyにちなんで名付けられたというこの公園は上空から見ると、イギリスの国旗ユニオン・ジャックを模して造られていることがわかります。さすが貴族のすることはシャレていますな。いつかヘリコプターに乗ってそのユニオンジャックを上空から動画撮影してみたいですね、編集長。

 

公園はキャプテン・ジェームス・クックの家〝クックス・コテージ(Cook’s cottage)”があることでも有名。1755年に彼の両親によりイギリスのヨークシャーに建てられた家を、18世紀の大航海時代やその当時の生活を思い起こさせる家として、1934年にメルボルンへと移築されました。家具や調度品などはその当時の生活模様を忠実に再現しています。

 

 

その後トラムは、緩やかな丘で隔てられたリッチモンド、ホーソン、キャンバーウェルという近郊の街を抜けてバーウッドハイウェイへ。ハイウェイと言っても一般道ですが、車が猛スピードでバンバン走る幹線道路です。ここでも丘のアップダウンが続きながらスピードを上げて行きます。

終点のバーモントサウス(Vermont South)駅はどんな感じか?と思いきやそのままハイウェイの途中で終着。そこがバーモントサウスでした。なんともメルボルントラムらしい終わり方ですな。さらに東の街を目指す人はバスに乗り換えて行くとのことです。

Takuya Yumoto

 

動くGO豪メルボルンの他の動画はこちらこちら

コメント

自分のコメントを書き込む

お名前*

本名でもニックネームでもお好きな表示名をご入力下さい。

コメント*

全文500文字以内です。

to backnumber

関連記事

動くGO豪メルボルン Vol.8 (Tram30編)
ビクトリア様式の建造物を車窓にドックランド港へ向かう木造トラム!
動くGO豪メルボルン Vol.11 (Tram109編)
ウォーターフロントな街、ポートメルボルンへの路線!!
動くGO豪メルボルン Vol.9 (Tram86編)
バークストリートから州遺産の建物をかすめてフィッツロイエリアへ!
動くGO豪メルボルン Vol.5 (セントポール大聖堂編)
シティのシンボル、セントポール大聖堂を1分で体験しよっと。
クイーン・ビクトリア・マーケット
メルボルンの台所、クイーン・ビクトリア・マーケットを散策

最新記事

Grampions
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
週末どこ行く?何をする?6月第4週
今週末のメルボルン ★6月23日(金)~6月25日(日)
Bitcoinの大立者 アンドレアス・アントノポロス氏メルボルンでトークショー
名著 Mastering Bitcoin の著者
ゆっくり気ままなメルボルンリポート!
part1 初めまして
週末どこ行く?何をする?6月第3週
今週末のメルボルン ★6月16日(金)~6月18日(日)