Logo for yuki

色無き物に色を塗る -トイレマーク@Troika Bar-

先週、ずーっと気になっていた怪しげなバーに行ってきました。

Little Lonsdale Streetの東端にある、"Troika Bar"。




外から見ると真っ暗で、開いてるのか閉まってるのかもわからない。

カウンターにバーテンがいない。

照明がやたら赤い。

怪しい・・・。








一番奥の個室でお友達と団欒中のバーテンを発見したので、

私たちもCoopersをゲットして、しばし仕事終わりのビールを堪能しました。






お店に合わせてCoopersもREDいっちゃえ! (※REDはGREENラベルよりアルコールちょっと高め)




よく見ると、照明や壁の飾りがレトロですごくかっこよかったです。






何より気に入ったのは、トイレのマーク。

トイレのマークは、男・女を分けるための大切な標識。

ユニバーサルデザインで、且つお店の雰囲気に合うデザイン。

※ユニバーサルデザインとは、
文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる
施設・製品・情報のデザインをいう。(Wikipedeaより)





ここTroika Barのトイレマークは、


  
【左】レトロ・バービー☆ 【右】男はもちろん、ケン☆



2人の背景には、男と女を表す小さい絵や写真が9枚並んでました。


 
【左】さわやか笑顔の女ボディビルダーとか。(女)
【右】さりげなくイスを引くジェントルマンとか。(男)






ちなみにメルボルンでトイレマークが面白かったなぁと思ったのは、
Melbourne Printing Museumのもの。



活版印刷所だっただけあって、タイポグラフィー仕様です。



【左】Serifs(男)  【右】Sans-serifs(女)






※補足(タイポグラフィー用語) 


・Serifとは…文字の端に小さな飾りがついているもの。


・Sans Serifとは…その飾りがついていないもの。ゴシック体。






上の知識をふまえて、もう一度。

【左】Serifs(男)  【右】Sans-serifs(女)





Melbourne Printing Museumに見学に行くと毎回必ず、ボランティアのおじさんが、
自信たっぷりの笑顔でこのサインを見せてくれます。


訪問の際は、皆さんぜひ笑ってあげてください:-)






由起
www.yukiishii.com


 
 

コメント

以前のコメント

吐露イカ   (2011-04-29 09:33:47)
自分も好きです。毎回行くたび、お客の少なさにいつかつぶれるんじゃないかと心配になりますが、10年以上健在のようで、今後も継続してほしいですねー。

関連記事

最新記事

カレンダー

<  2019-06  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

GO豪メルボルン・スタッフブログの水曜日を担当。 万人の共感は得られないけど、一部の人は大好きなもの。普段は影にひそんでいる、アングラなアートやサブカルチャーについて。

記事一覧

マイカテゴリー