キャリア・学ぶcareer

メルボルンで学ぶstudyabroad

丸ちゃんと行く、学校訪問レポート!

充実したアクティビティ!習った英語がすぐに使える!

創立14年、6500人以上の手配実績を持つMTSCの“丸ちゃん”こと石原智之さんと一緒に、GO豪メルボルンのスタッフが学校を訪問しお伝えするこのレポート。数多くの生徒さんをサポートし、学校に何度も足を運んだことのある留学サポートのプロ、丸ちゃんと一緒に、学校の雰囲気や授業風景、生徒さんの生の声など、現場でしか分からない最新情報をレポートしていきます!

記念すべき第1回は、丸ちゃん一押しのケンブリッジ・インターナショナル・カレッジ(CIC)の英語コースにお邪魔しました。
 


CICはメルボルン市内の中心地にあり、アットホームな雰囲気が人気の学校です。

まずは、CICの日本人スタッフである山田佳子さんとマルちゃんから、CICのお勧めポイントをうかがいました!




山田佳子さん(左) と 丸ちゃん


ケンブリッジ・インターナショナル・カレッジ のここがお勧め!
 
1. 国籍のバランスがいい!
日本11%、ヨーロッパ9%、韓国25%、南米19% 
日本人が30-40%を占める学校もあることを考えると、とてもバランスがよく、日本人以外の友達を作る機会も増えます。

2. フルタイム20時間に加え、4時間の午後の無料エキストラ授業!
この4時間のエキストラは、発音、文法、ボキャブラリーに分かれていて、各分野を、集中してしっかり学べます。

3.アクティビティ・クラブの充実!
毎日行われているさまざまな無料アクティビィティ。会話クラブではメルボルン大学の学生が来校。ネイティブの学生との会話が楽しめます。ジョブ・クラブでは、英語での履歴書の書き方や仕事の探し方など、専属のジョブ・カウンセラーからの授業が受けられます。また、メルボルンの観光地をめぐる週末のスクールツアーも大人気です。
 

グレート・オーシャンロードツアーの様子

そのほかにも、TESOL(英語教授法)コースも人気です。授業では実際に、初級英語コースの生徒さんに模擬授業を行います。実際に授業を行うことで、机の上だけでは分からないことが見え、人に教える自信がつきます。
ケンブリッジ英検対策コース(FCEレベル)では、受講した生徒の合格率は毎回80%以上で、前回は、10人中10人が合格、という素晴らしい結果となりました。
また、一般英語コースには、シニアの方も参加しています。日本と違い、他国の人は年齢をほとんど気にしないので、世代を超えて友達を沢山作っておられます。



TESOL(英語教授法)コースの様子


CIC授業訪問

では、実際にどんな授業が行われているのでしょうか?さっそく覗いてみました。
今回の授業は、前の授業で習った“How about ~?” “ Why don’t we~?” などの、誘い方の表現の復習です。先生の説明を真剣に聞く生徒さん。スケジュール表の紙を持って、実際に生徒同士で誘い合い、スケジュール表を埋めていきます。教室を歩き回りながら、誘い方の書かれたホワイトボードを見つつ、クラスメイトをショッピングや食事に誘います。笑い声も聞こえてきて、楽しそう。やはり授業でも、実際に英語を使うことを大切にしているようです。
 


CICで学んでいる生徒さんに、お話を聞いてみましょう。



【山口 るみさん(右)、プレ・インターミディエイトレベル(一般英語)、ワーキングホリデービザ】

学校について
学校はとにかく楽しいです!みんな仲良くて、この前はクラスみんなでビーチに行きました。持ち寄った食べ物をわいわい食べて、とっても楽しかったです。エキストラ・クラスでは、発音クラスが気に入っています。発音記号から詳しく教えてもらえるのは、普段の授業ではなかなかできないこと。5-6人という少人数で、しっかりと勉強できる点もいいですね。先生も楽しい人が多くて、歌を歌いながら授業をしたことも。ある先生は「through を使って文章を作って!それするから」と言って、実際に私の作った英文どおりの行動をしてくれました(笑)。

メルボルンの生活
メルボルンは凄くステキな街だと思います。シティとしての役割をきちんと果たしていると同時に、トラムで少し行けば、とってもきれいなビーチにすぐ行ける。チケット一枚でトラム、電車、バスと、乗り放題なところも気に入っています。
学校帰りは、よく友達と遊んで帰ります。この間はシンガポール人のうちに遊びにいって、シンガポール料理をいただきました。

今後の予定
もうすぐ学校が終わるのですが、嬉しいことに仕事が決まりました!メルボルンを離れ、住み込みで何か月か働きます。すごく楽しみにしています。
 



【鈴木まみさん(左)、アッパー・インターミディエイトレベル(一般英語)、学生ビザ】

学校について
初めての留学で、しかも1年間という長期留学を決めたので、始めは不安がいっぱいでした。でも、友達もだんだんできて、悩んでも友達に話すことでスッキリしたり、よしこさんに相談したりすることによって、不安は少なくなってきました。初めのクラスから2つレベルが上がりましたが、今はちょっと苦戦してます。ボキャブラリー不足を実感しているので、授業で分からない単語には線を引き、家に帰ってから復習するようにしています。毎日出る宿題もしっかり終わらせるようにしています。印象に残っているイベントは、去年のクリスマス・パーティーです。とっても楽しくて、参加してよかったなと心から思えました。先生たちも、一生懸命私たちを楽しませようとしてくれて。教える姿しか知らなかったので、先生たちの違った一面が見られたのもよかったです。

メルボルンの印象は
好きですね。人がとっても温かいです。街の人も、私のつたない英語を一生懸命理解しようとしてくれます。今シェアをしている欧米人も、私と会話をしようとしてくれているのが分かります。シェアメイトにはいつも色々と助けてもらっていますね。

今後の予定
ケンブリッジ英検のコースに入って、ケンブリッジ合格を目指します!日本に帰ってから、英語を使った仕事をしたいという気持ちはありますが、具体的には決めていません。以前旅行業界で働いていたので、旅行をサポートしたり、手配する場で英語を使って仕事をできればいいな、と思っています。

これからメルボルンで留学を考えている人へメッセージ(佳子さんより)
メルボルンという街は、1つの場所でワールドワイドな体験ができるところ。学校だけではなく、どんどん街に出て行ってほしいですね。いっぱい冒険してほしいです。

 
--学校訪問を終えて--
ただ英語を勉強するだけなら、日本でもできる。せっかくオーストラリアに来たからには、やっぱり実際に英語を使いたい。それは英語力の向上にもつながります。充実したアクティビティ、国籍のバランスのよさ、模擬授業にJOBクラブなど、CICは、実際に英語を使う機会をたくさん提供している学校だということが分かりました。

Cambridge International College
住所:Level3, 260 La Trobe Street, Melbourne VIC3000
 
お問い合わせ・申し込みはMTSCまで
URL: http://www.mtsc.com.au/
Email: info@mtsc.com.au
※見学手配も随時行っています!

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

船旅(12)

ニールは、「リーさんですか?」と聞くと、相手の男が頷くのを見ると.....

船旅(11)

ニールが出かけた後、一人で今日は何をしようと迷った。ニールが言っ.....

船旅(10)

気が落ち着いた所で、光江はニールに聞いた。 「で、私は、どうすれ.....

船旅(9)

光江は、「アマンダの連絡先なんて、旅行の申し込み用紙にも書いてあ.....

アクセスランキング

  1. あさひ体操教室・メルボルン教室
  2. 期間限定!Iae特別価格!!!(ビジネス・英語コース
  3. 人気ツアー会社を比較しちゃう(フィリップ島ペンギンツアー)
  4. レンタカーとツアー、どっちがお得!? フィリップ島編
  5. 韓国語クラス Korean Language Class

トップ20リストへ

人気の記事