Logo for okimaki

未(ひつじ)年生まれはFollow like Sheep or Black Sheep?

太陰暦(旧暦)のお正月からその年は始まります。早生まれの方は下記の日付をご確認下さい。

2003.2.1~2004.1.21, 1991.2.15~1992.2.3, 1979.1.28~1980.2.15, 1967.2.9~1968.1.29, 1955.1.24~1956.2.11, 1943.2.5~1944.1.24, 1931.2.17~1932.2.5, 1919.2.1~1920.2.19, 1907.2.13~1908.2.1



 Follow like Sheepは「ひつじのようにただ盲目に従う人」と言う意味。その派生語であるBlack Sheepは、「はみ出し者」と言う比喩。今回お話しする未年生まれの方々には、この両極端な資質が内在します。陰の要素がとても強く、男女共に繊細で心やさいし方が多いようです。どちらかと言えば内向的で傷つき易い方ですが、内に秘めた情熱は人一倍強く、時にそれが頑固さとして現れることもあります。

 男性の未さんは一見穏やかで、身近な人にしか心の内を明かすことはありませんが、女性の未さんの場合は逆に、そのカラフルな個性を上手に表現している方が多いようです。多くの人が見過ごすような些細なことにも疑問を持ち、発想の転換によって答えを得ることがとても上手。順序立てて体系的に物事を見ることもできますが、人と違った角度から見ることによって、新しいアイディアや解決策を次々と見出します。

 稀に計画性のある未年生まれの方もいらっしゃいますが、本来「今に生きる」方が性に合っており、芸術家や発明家に多い生まれでもあります。そのため、すでに発見されている事柄を教科書や本から学ぶより、まだ知られていない未知の世界に強い関心を抱くでしょう。特に幼い頃はその傾向が強く、その自由な発想を伸ばしてゆける環境が必要だと言われています。また、絵や音楽、文章や創作活動、スポーツなどを通して自己表現の方法を学ぶことが吉でしょう。

 この様な未年生まれのお子さんにはBlack Sheep的なちょっと変わった子が多く(^^)、どちらかと言えば周りから理解され難いタイプだと言えます。その一方で、調和の取れた環境を好むため、たとえ自分の意思に反していても、Follow like Sheepのように周囲に合わせることも可能です。それが積もり積もってストレスとなったり、理解されない悲しみへとなり、自分自身の世界に入り込んでしまうこともあるようです。そのため、家族からの理解と、内側に存在するものをどう外へ向けて表現するかが、未年の人生においてバランスを保つカギとなるでしょう。


 ここで有名人を例に挙げて未年を星座別に見てみましょう。未年の発想力と、蠍座の強い決意が上手く掛け合わされた方が、ビル・ ゲイツさん(1955.10.28)。未年生まれの人生に必要不可欠なよき理解者として、やり手の奥様メリンダさん(辰年・獅子座1964.8.15)の存在も見逃せません。また、アップル社のスティーブ・ジョブスさん(1955.2.24)も同じく未年ですが、彼の場合は未年同様、感受性の強い魚座が星座にきます。そして、寅年コラムでも触れました、オーストラリアを代表する女優ニコール・キッドマンさん(1967.6.20)は、気の強い双子座によって未年のナイーブさが軽減されているように見受けられます。

 また、発明王のトーマス・エジソンさん(1847.2.11)は未年の想像力に、チャレンジ精神旺盛な水瓶座が重なり、数々の失敗を繰り返しながらも後世に残るものを作り出しました。そのエジソンさんによれば、「自分の頭でそれらを発明したのではなく、自分自身は自然界のメッセージの受信機で、宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録する事で発明していたに過ぎない」のだそうです。(ウィキペディアより)

 この様に才能溢れる未年生まれですが、依存的になってしまったり、想像の世界に引きこもったり、何かに固執してしまうことが最大の弱点だと言われています。多くの未年は、人を喜ばせることが大好きであると同時に、人からお世話されることも好き。日々の生活に欠かせない事務的なことや、面倒くさい事柄を他人に任せる傾向にあります。しかし、その類稀な想像力を発揮し、エンターテイナーアイディアマンとして貢献する場合と、自分自信の殻に引きこもる場合があります。後者が強くなってしまうと、こだわりや固執が生まれ、他者との折り合いが付きにくくなってしまいますので留意しましょう。

 未年生まれのもう一つの特徴として、美しいもの調和が取れたもの純粋なものへの憧れが挙げられます。どちらかと言えば、感覚で生きるタイプですので、この様な精神的な事柄に自然と惹かれるのでしょう。また、弱者に対するいたわりの心、平和への思いも人一倍発達しており、人の痛みも自分の痛みとして受け取れる方でしょう。多くの未年生まれの方は、この調和の取れた完全なる世界と現実との狭間で悩み、日々解決策を練っているようです。


<今回の個人鑑定結果>

ヘビさん(女性)からのご相談

 はじめまして。1977年4月X日巳(み)年生まれの者です。1969年2月X日の酉(とり)生まれの主人と2007年3月X日亥(い)年生まれの女児がいます。もう一人と丑(うし)年の子供が欲しかったのですがうまくいかず。主人は寅(とら)年の子供でもいいと言ってますが、私は巳寅申(み・とら・さる)は相性が悪いと聞いたのを気にしています。主人は酉ですがお腹の中にいたのが寅年(おそらく申年の間違え?)の間が多いですし、私の父や親戚に申年が多くトラブルが怖いです。私も第一子が二歳過ぎで落ち着いてきたので早く子供が欲しいですが、巳寅申の組み合わせが一家離散とか聞いたり寅は強いとか聞くと自信がなく、次の卯(う)年まで待った方がいいと思いますがどう思われますか?一人っ子にしようかとも話しているんですが迷います。

 それと祖母の家を譲ってもらう話がありましたが主人と私が優柔不断で慎重過ぎ売却されてしまいました。ようやく踏ん切りがつき家の購入をこれから考えようと思ってますがふさわしい年とか分かりますか?今年か来年はどうか分かりましたら教えてください。


 ヘビさんこんにちは。ご相談メールありがとうございます。お気持ち深くお察します。まずはゆっくりと深呼吸をしてもらって(^^)、ご家族の相性の方から見てみましょう。すでにご存知かと思いますが、旦那様とヘビさんの相性はとてもよいです。確かに旦那様は申(さる)年よりの酉(とり)年ですが、申年(the sign of intelligence)と巳(み)年(the sign of wisdom)の相性も、マインドゲームにならない限りなかなかよいと言われています。お二人は、お互いの弱い部分を補い合い、長所を引き出し合える相性です。多少意見が食い違う部分もあるかと思いますが、人生における価値観がよく似ているため、大抵の場面で分かり合える相手でしょう。亥(い)年の娘さんは気性がよく、旦那様との相性もよいですね。ヘビさんとはオポージング・サインではありますが、お互いに無いものを持っているため尊敬し合える関係になることでしょう。

 さて、このうような巳年・酉年・亥年という家庭にテンポがまったく違う寅(とら)年のお子さんが登場しますと、確かに手一杯になる可能性があります。ただし、個人的な意見ですが「巳寅申の組み合わせが一家離散」などというネガティブな占いの使い方には賛成し兼ねません。統計学的に見て、その様な過去例が多々あったとしても、それを個人的な恐怖と結び付けてしまったり、ネガティブな面を助長するような占いは本来の占いの目的から外れてしまっている様に思えます。

 よく言われることですが、「子は天からの授かりもの」。お二人の間に生まれてきたお子さんには、時期や生まれ年、性別に関わらず、ヘビさん一家や親戚、その地域の人全てにとってなくてはならない存在だからこそ生まれてくるのだと思います。誕生日占いに関心を寄せるヘビさんだからこそ、安易に相性がよい方のみに囲まれるのではく、まったく異なるタイプのお子さんを授かることで、他者に対する理解がより深まることかと思います。寅年の持つ率直さや決断力、冒険心から学ぶことは多いあると言えるでしょう。

 卯(う)年のお子さんを授かった場合ですと、家族全体の相性として、確かに寅年よりもよいと言えます。この場合、相性がよいということは、より少ない努力と時間で相手のことがより理解できるということです。また、自分自身のことを理解してもらえると言うことでもあります。子どもを育てると言うことは、多大な愛と時間とエネルギーを要します。そのボランティア行為は、ご両親の持つ愛やエネルギーをどれだけ子どもに分け与えれるかにもよると思います。上手く説明できませんが、お二人からその愛やエネルギーがまだ溢れていらっしゃるのであれば、第二子誕生もそう遠くないかと思います(^^)。

 お家の購入時期に付いてですが、まだまだ勉強中の身のため、残念ですがご相談にのることができません。ただ、「優柔不断で慎重過ぎる」というコメントに関しては、同じく巳年の私自身と酉年の主人に対するメッセージかと思い、思わずドキっとさせられました。個人的なことですが、私たちも似たような状況で今後の進展を足踏みしているため(^^;)。確かに、丑年・巳年・酉年のグループにはそういった「石橋を叩いて渡る」という傾向があります。悩んでいてもいてもしょうがなく、行動に移してみて初めて分かることもありますしね。

 この度は出産やお家の購入と言った、とても大きな人生の節目にご相談メールをいただき、本当にありがとうございました。少しでも参考になりましたら幸いです。ヘビさんとそのご家族の更なる幸せを心より願っております。


<東洋と西洋のBirthday占いの上手な使い方>

1.読み進めて、気になった部分にあなたへのメッセージがあります。
2.逆に、ピンっとこない部分はどんどん読み流しましょう。
3.感情がわき上がる部分から内観をスタートさせ、内なる対話を始めてください。
4.過去、現在、未来のあなたを視野に入れながら読み進めましょう。
5.周りの人から「客観的に見たあなた」というものも聞いてみましょう。
6.統計学ですので、もちろん例外があることも理解しましょう。
7.全体像を把握するためにも、家族や友達、有名人など、できるだけ多くの人を
  対象にしながら読み進めましょう。
* 例えば、子年生まれの特徴というのは、子年グループ全体と他のグループを比較して
  始めて分かるものです。子年の中にいては違いがいまひとつ分かりません。
8.人生の選択に困ったときには、占いをアドバイスのひとつとして受け取りましょう。
* 自分自身の思考をとめることなく、決断を下し、行動に移すのはあなたです。

<ご相談お待ちしています>

どんな小さな悩み事でもかまいません、例えば。。。
「今後の進路や適職についてアドバイスをお願いします。」
「初めての海外生活です。シャイな性格上どうしたらいいでしょうか?」
「職場によく衝突する人がいます。どうしたらうまくいくでしょうか?」
「メルボルンで出会った気になる彼女、相性を教えてください。」
「6歳の男の子の母です。息子の生まれ持った能力、向き、不向きとは?」
「初めてのシェアーです。ルームメイトとの相性、留意点など教えてください。」
* ただし、私が行える占いは現在に留まります。「いつ結婚するでしょうか?」
  などの質問には残念ながらお答えかねます。

GO! 豪!! メルボルン上無料鑑定をご希望の方は下記のメールへ、
1.性別 2.生年月日 3.具体的な相談内容をお送りください。

* 匿名にてかまいませんので、安心してご相談ください。
* 相性占いの場合、対象者の性別と生年月日もお願いします。
* 取り上げられたご相談に関してはフィードバックをお願いしております。
* 相談者全員にお答えすることはできかねます。先にお詫び申し上げます。
* 東洋と西洋のBirthday占いは現在進行形のプロジェクトです。
  みなさんからの異論、反論、当たってる!などのメールもお待ちしています。

E-mail: emuniverse@gmail.com okimakiまで

メルボルンdeサステナブル&スピリチュアルblog
URL: http://sasutena.exblog.jp/

Copyright (C) 2008-2012 EMUNIVERSE. All Rights Reserved.

コメント

以前のコメント

ミカ   (2014-06-01 11:51:47)
はじめまして。ミカと申します。1979/02/13 水瓶座未年の女性です。 相談は仕事と恋愛です。今結構長く勤めた会社を退職し、ここではないと思い辞めた事に悔いはありませんが、本当に自分がしたい事、向いていることがハッキリした職業としてわからないでいます。 なんかくっきりとしたコレ と言う物が浮かびません。年齢的に、社会人として今から何でも通して貰えるほどもう若くありません。 が、何かはじめたいんです。けど、幅広すぎて、悩みすぎてわからなくなります。何を何から始めていけばいいのか…何か今からの私が進めば芽生える開花できる職業として、何が当てはまりそうかアドバイス頂きたいです。 あとは恋愛です。自ら惹かれる人はいても、年齢的にも周りも既婚者ばかり。今1984/01/06の方に惹かれていますがきっとダメなんだと思っています…。ただ何かまだこうしたら、というものがあれば教えて頂きたいです。どうかよろしくお願い致します。

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....

カレンダー

<  2019-12  >
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

☆ 東洋と西洋が融合する街メルボルンより発信する占いコラム。「十二支」と「十二星座」が織り成す百四十四のキャラクター占いや相性など。 フィードバックと共に、コラム上無料鑑定をご希望の方は、メールをお待ちしております。okimaki☆

記事一覧

マイカテゴリー