Logo for afllounge

AFLの戦い方

<第4回: 走るオフィシャル>


オフィシャル、AFLにはそう呼ばれる人たちがいます。
この人たちはコーチでもプレーヤーでもありませんが、試合の行く末を決定づける重要な役割を担っています。

どういった人たちのことを「オフィシャル」と呼ぶか、皆さんわかりますか?

1チーム18人ずつが入り乱れて1つのボールをポールの間に蹴り込むことを目指すAFLでは、怪我は付き物。足首をひねった、膝が痛い、足がつった・・・。様々なトラブルに対応するトレーナーはプレー中であってもグラウンドに入れることが許されています。

プレーヤーが頭を打った、大量に出血をしている、などごく稀に担架が準備されて試合が止まりますが、脱臼をしたくらいでは担架は入りません。トレーナーがささっと駆け寄って、交代する際に使うゲート(インターチェンジエリア)を通ってプレーヤーをベンチに戻します。

トレーナーもオフィシャルの一人。

オフィシャルは試合中もフィールドの中に入ることを許された人たちです。「プレーを邪魔しない範囲で」という条件付ですが、プレーヤーを補助する大切な役割を担っています。
トレーナーの他にも水を選手に持っていく役割のオフィシャルもいます。

今回はその中でも「ランナー」と呼ばれるオフィシャルの話を。




ランナーは名のとおり、走る人。
蛍光色のウェアを着てひたすら走ります。

何のために?

AFLの試合はベンチの交代が自由。ポジションの入れ替わりも頻繁に行い、相手に合わせていつでも戦術を変更します。試合中には怪我などのトラブルも。

試合前には予期しなかったことが起こると、プレーヤーはどのようにプレーすればよいのか指示がほしい。広いグラウンドではベンチからの声も届かない。

そう、ベンチの指示を試合中にプレーヤーに伝えるためにランナーは走るのです。通常、監督はコーチングボックスと呼ばれるスタンドの高い位置にいます。コーチングボックスではリアルタイムでゲームを分析し、様々なデータが集まります。

試合中にプレーヤーに指示を出すときは、まずベンチのランナーに電話をします。ランナーはプレーの様子を見ながら、ボールがきていないときを見計らってプレーヤーへとその指示を伝えます。

指示を伝え終わったランナーは再びベンチへ走って戻るのです。



ランナーは戦術の変更などの指示を伝えるだけではありません。ランナーは「よくやった!ナイスキック!」という監督の褒め言葉も伝えます。もちろん時には叱責の言葉も伝えなくてはいけませんが・・・。

監督とランナーは同一人物。そういったイメージで選手は戦っています。

じゃあ監督がランナーをやればいい?
それは監督にプレーをさせるのと同じくらい過酷なことです。

監督と電話をし、走って選手に指示を伝え、走ってベンチに戻り、息を整えながら電話して、またベンチを飛び出していく。

さらにプレーヤーからのメッセージをコーチングボックスに伝える役割もあります。手を上げたプレーヤーに駆け寄り、メッセージを受け取り、ベンチへ。

監督はこんなには走れません。

ランナーもこなせる監督。
これは怖いです。
直接グラウンドで怒られるので。

やはりメッセージはランナーに伝えてもらわないと、チームはうまく機能しない。

走る人、ランナー。
加えて人望のある、走る人。



※インターナショナルカップでの日本代表チーム、監督とランナーのやり取りです。


AFLの試合中、大事なメッセージを届けるランナーにもご注目を。




監督からのメッセージを届けようと、、、フリーキックの邪魔をしてしまう。
こんな珍しいシーンもたまにはあります。


コメント

関連記事

最新記事

べんとー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

カレンダー

<  2020-02  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

ご存知でしたか? 日本でもAFLをプレーしている若者たちがいるんです! AFLをこよなく愛する日本AFL『JAFL』のスタッフと在メルボルンの日本人Footy Loversがお届けするコラム、フッティー初心者の方も、長年応援するクラブを持つ熱烈なサポーターの方も、お気軽にお立ち寄りください。 www.jafl.org

記事一覧

マイカテゴリー