ライフスタイルlife

スポーツsports

FIFA World Cup

FIFAワールドカップは、世界のスポーツで最も人気がある大会だ。

2009年6月23日掲載

FIFA World Cup

W杯サッカー最終予選 オーストラリア対日本


  (日本国旗、入場)

Canon EOS 5D MarkⅡ 絞り優先 シャッター速度1/8000秒  絞りF2.8 スポット測光
ISO感度 1600 AWB 露出補正 -1/3 画質圧縮率 JPEG レンズ EF70 - 200mm f/2.8 IS USM


 
  (オーストラリア国旗、入場)

 FIFAワールドカップは、FIFA国際サッカー連盟(Federation International Football Association)が主催する世界のすべてのスポーツで最も人気がある大会である。

 FIFA国際サッカー連盟の傘下には、下記の地域サッカー連盟がある。

<加盟国と出場枠>
・ヨーロッパ(53ヶ国 13枠)
・南アメリカ(10ヶ国 4.5枠) 5位が北中米とプレーオフ
・北中米カリブ海(40ヶ国 3.5枠)
・アフリカ(55ヶ国 5枠)
・アジア(46ヶ国 4.5枠) 5位がオセアニアとプレーオフ
・オセアニア(11ヶ国 0.5枠)
合計31ヶ国が出場

 2005年にオーストラリアがアジアサッカー連盟に加盟して最大の面積を持つ地域連盟となった。最も参加できる確率が高いのは、南米で2か国に1国が出場できる。

 
(左側)オーストラリア代表チーム (右側)日本代表チーム


 2010年ワールドカップは、来年6月11日から7月11日まで南アフリカ共和国で開催される。過去最高の199ヶ国・地域が参加して予選が行われている。

 ヨハネスブルグの2会場、ダーバン、ケープタウン、プレトリア、ポートエリザベス、ブルームフォンテーン、
ネルスプロイト、ポロクワネ、ルステンブルクの9都市10会場で開催される。

 現在のところ、開催地、南アフリカ共和国、日本、韓国、オーストラリア、北朝鮮、オランダの出場が決まっている。

 
  (オーストラリア国旗と、国歌斉唱)

 2014年大会は、南米サッカー連盟のブラジルで開催されることが決定している。2018年大会には、オーストラリア、日本など10数ヶ国が立候補している。オーストラリア・オセアニア地域でワールドカップが開催されたことは一度もない。従ってオーストラリアでの開催の可能性は十分にある。

 なお、これまで18回のワールドカップの中で、優勝回数は、ブラジルの5回を筆頭に、イタリア(4回)、西ドイツ(3回)、ウルグアイ(2回)、アルゼンチン(2回)、フランス、イングランド(各1回)となっている。地域別では、南米9回、ヨーロッパ9回となっている。南米の4.5枠は決して大きくないことがわかる。

 
  ("GO AUSTRALIA"の旗を持つオージーの子供たち)

FIFAランキングでは、
オーストラリア 32位
日本 35位
韓国 45位
北朝鮮 106位

 即ち出場する31ヶ国の中では、一番低いレベルである。アジアの4ヶ国は、南ア大会での予選を突破することは非常に厳しいレベルであることがわかる。

 
  (オーストラリアのテレビ局)


  (試合後の岡田監督。負けたが余裕が伺えた)

 
  (試合後のオーストラリア・ピム監督。失った1点が惜しいと云う)

オーストラリアと日本。どちらも何ア大会でがんばって予選リーグを突破してもらいたい。

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. 企業インタビュー 「JAPAN Electronics」
  2. こーびっど19
  3. YUKI REISSズンバ教室
  4. 「Easter」とは?
  5. 誰も聞きたくない話

トップ20リストへ

人気の記事