ライフスタイルlife

スポーツsports

サッカーW杯豪州開催は絶望か?

2018年ワールドカップの豪州開催はほぼ無くなった?

2010年2月7日掲載

FIFA会長が「2018年ワールドカップはヨーロッパで」と語る

 (写真は、オーストラリア代表のピム(Pim Verbeek)監督)

FIFAのゼップ・ブラッター(Stepp Blatter)会長は、2018年のワールドカップは、ヨーロッパでの開催に限定される。
2大会連続で、南半球での開催であり、その後は北半球での開催になる。などと語った。

 オーストラリアは、2018年、2022年のサッカーワールドカップに昨年、名乗りを上げている。現在、立候補しているのは、7カ国。
2010年12月のFIFA総会で2018年と2022年の2大会の開催地が正式決定される。

2010年ワールドカップは、今年6月にアフリカの南アフリカ共和国で開催される。
2014年は、 南米のブラジルで開催されることが昨年、決定した。 
2大会連続での南半球での開催であり、2018年大会での南半球での開催は、非常に厳しい状況であった。
ちなみに2006年大会は、ドイツ。
2002年大会は、日本・韓国の共同開催。

ゼップ・ブラッターFIFA会長は、ヨーロッパサッカー協会のMichel Platini会長と協議に入る模様。

写真は、オーストラリア・代表キャプテンルーカス・ニール(Lucas Neil)

オーストラリア・サッカー連盟(FFA)のベン・バックレー(Ben Buckley)は、開催地決定システムが変更になる訳でないと語っている。
現在までFFAは、4千万ドル以上の費用をかけている。  

 

 

 


 
写真は、共にイタさん撮影

関連記事

FIFA World Cup

FIFAワールドカップは、世界のスポーツで最も人気がある大会だ。

最新記事

アクセスランキング

  1. YUKI REISSズンバ教室
  2. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  3. 居酒屋 八兵衛 6月22日をもって閉店
  4. ばれんたいん!
  5. 集え!三線ラバーズ!in Melbourne!

トップ20リストへ

人気の記事