Logo for sakuraflowers

下を向いて歩こう ~Florist Hana~ Vol.11 かすみ草

かすみ草 英名;Babys-Breath  なでしこ科
       原産地 アジア、ヨーロッパ

今日は7月7日・・・ 七夕の日。

今から2000年前、中国で成立していた伝説と言われる織姫と彦星様のストーリー。
結婚した2人が仲が良すぎたばかりに仕事に熱中できず、離れ離れにされてしまった2人・・・。
そんな2人が年に一度会える日が、この七夕の日。かなーりお話を短くしてしまいましたが・・・。 うーーん、純愛だわ・・・。

そして今日、7月7日は、なんと!!!知る人ぞ知る???“かすみ草”の日。とも言われていたりします。

夜空に小さな星のような花を咲かせる天の川のようだ・・・。との由来から・・・。
でもね、こんなにロマンティックな七夕という風習もアジア圏(アジア全域でかどうかは分からないけれど)でのお話・・・。
残念ながらウエスタンPeopleには、伝説から教えてあげないと・・・ね。

さて、 かすみ草、好きな人~~~♪???
“なんだか古臭い感じ~” “トラディショナル過ぎません??” という声をよおーく聞いたりしますが、
実は、Hanaさん、結構好きです。

どうしたら、トラディショナルなイメージを覆せるのおーー??

そ・れ・は・・・

“補佐”ではなく、“主役” にしてさしあげるのですー♪
“何を言ってるのか、全く分かりません・・・。“ という声をひとまず、置いといて・・・。

昔ね、某ホテルでのウエディングのお仕事の話・・・。

“かすみ草が大好きなんです!!!” という花嫁様。
あーでもない、こーでもない。という話しあいの末、辿り着いた装飾は “かすみ草only”

ステージの背景となる壁をかすみ草で埋め尽くし、ゲスト様卓も、かすみ草Only.
Vaseは細長ーーく、高いものを使用し、ガラスの木にかすみ草がたーーくさん咲いてるイメージ。
照明さんもプロよねー、腕の見せどころ!!! 白いかすみ草がライトの当たり方で 真っ白にも、緑にも、青にも、赤にも七変化。
そんなに何色にも染まれるお花って、そうそうない。
幻想的な雰囲気に包まれる会場は、神秘的で、とっても素敵だった。

そして、その晩は、まだまだ終わらず、大忙し・・・。
ロイヤルスイートルームのセッティング。50階からの夜景は、も~う、ビューティホー♪
夜景にゆっくり見とれる事もできず、急げ、急げ、でセッティング。
アレンジ、花びら散らして、キャンドル灯して、本当に、本当にロマンティックな、そのお値段はーーー???

ロイヤルスイートルーム 1泊; 50万円なりーーー。です。 1泊 ですよ・・・。 宿泊だけで・・・ね。
そんなロマンティックなお部屋に、“ 美しい ・・・” と浸っていると、 “おーーい、もう行くぞー。” と現実のチームメンバーの声・・・。
お泊りしたいか?(できるか(汗)・・・)は別として、本当に素晴らしくロマンティックな演出だった・・・。

そう、話しを無理やり元に戻して・・・七夕の今日のテーマは、ロマンティック。

皆様、お祈りごとはしましたか?
シンプルに、小さなことに感謝をきちんと・・・。 私の小さなお祈りごと。

みなさん、かすみ草飾ってみたくなったかなー?
是非是非、たまには主役でも飾ってあげてくださいね♪


















コメント

関連記事

Cox plate

スプリングレーシングカーニバルの2番手レース。

最新記事

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....

船旅(15)

ニールは、重い腰を上げてドアを開けて、刑事たちが部屋に侵入するの.....

船旅(14)

ニールは、ビルを出たところで、携帯で話しながら歩いている男と衝突.....

船旅(13)

「プリンセス号の乗船まで、警護してくださるんですか?」 「二人で.....

船旅(12)

ニールは、「リーさんですか?」と聞くと、相手の男が頷くのを見ると.....

カレンダー

<  2020-09  >
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

下を向いて歩こう”は、普段どうしても見過ごしがちな、道端や公 園に咲く花や植物の小さくとも、たくましい’息吹’をお届けするコラムです。 空を眺めるのはもちろん、時には下を向いて歩いてみませんか?

記事一覧

マイカテゴリー