観光・楽しむentertain

子どもと行くメルボルンkodomo_melb

子どもと行くメルボルン @Melbourne Zoo

150歳を迎えて益々進化する動物園!

2012年11月9日掲載
 

暖かく外で過ごすのが気持ち良い今日この頃。
よって、今回も屋外へ。
シティから近いのに、そこへ一歩入ると都会の喧騒を忘れさせてくれる場所、「Melbourne Zoo」が今回の行き先!


今年150周年を迎えたこのオーストラリア最古の動物園には、世界各地の動物を見に毎日たくさんの人が訪れる。
150年前にエンターテイメントのひとつとして、103の動物(多くは鳥類)が集められて始まったここは、現在では教育と
絶滅の危機に瀕する動物の保護が大きな目的となっている。
 

まずは、150周年記念のキャラクターにもなったMaliもいるTrail of the Elephants。



子象のMaliとOngardはやっぱり人気者!
そして、その2頭のお父さんBong Suの大きさには圧倒される。その長い鼻で器用に水面に浮かぶ果物を拾って
食べていた。(気温が高い日には泳ぐ姿も見られるとか。)
また、12月-1月頃には3頭め、来年の11月頃には4頭めの子象が生まれる予定で更に賑やかになりそう!
 

他にも、お馴染みコアラ、キリン、オランウータン、ライオン、クマ、トラなどなど。


 

ちなみにわが子のお気に入りはButterfly House。



28℃の温室の中では色とりどりの蝶々が飛び、時には帽子や肩にとまって、子どもだけでなく大人も笑顔に
させてくれる。ここでは、蝶の幼虫やサナギも見られて成長の過程が分かって面白い。


また、園内には1878年にイギリスで造られたメリーゴーランド($3)もあり、その周辺にはプレイグランドやテーブルも
設けられ、スナックやランチを食べる人達で賑わう。

そして11月現在、Mali In The Cityでシティ中に展示されていたうちの幾頭かのMaliがここで見られる。
シティにあった50頭のMaliは、10月25日に行われたオークションで全て買い手がつき、総額$450,000以上となった。
 

それから、ここには日本庭園もあるので、日本から来た者としては見ておきたいところ。
これは、1990年に愛知県とヴィクトリア州の姉妹都市10周年を記念して造られたもので、同様に名古屋には
オーストラリアンガーデンがあり、2都市の友好の象徴となっている。


 

また、幼い子連れにはトイレや授乳スペースなどが充実したparents’ roomがあるのも嬉しい。

他にも、飼育や獣医気分が味わえるプログラムKeeper Kidsや、誕生パーティをすることもできる。


シティから近くて、動物がたくさん見られる動物園。暖かい日のお出かけ先にぜひ。
 

Melbourne Zoo
Elliott Avenue
Parkville
Vic. 3052
電話:1300 966 784

開園:毎日9am-5pm

入園料 
大人    $26.10
4歳-15歳 $12.90(土、日、祝日、VIC州スクールホリデー期間は無料)
0歳-3歳  無料
*暑い日や子連れの時は並ばなくて良いオンライン購入がおすすめ。
オンラインでのチケット購入はコチラ→https://zoosvic.centaman-apac01.net/

メリーゴーランド $3
土、日、祝日、VIC州スクールホリデー期間の11.30am–2pm 

電車 Royal Park駅下車(Upfield line)
トラム No.55、No.19
駐車場 5時間$2

 

loading Google Map ...

コメント

関連記事

最新記事

塞翁が馬(1)

「人間万事塞翁が馬」この言葉を初めて聞いた時、里奈のことを思い浮.....