観光・楽しむentertain

メルボルン珍百景mel_chin

投稿!メルボルン珍百景 21枚目

勉強になるLane

2011年4月30日掲載

 

 

メルボルンで見つけた思わず笑ってしまった、はたまた首をかしげたくなるような「?」なヒト、モノ、景色の写真を投稿形式で発信!
あなたの珍百景をどしどしご応募ください!

今日のメル珍は、Brien Lane!


Bourke streetとLittle Bourke streetを結ぶLane。


Brien Laneは1872年にJoseph Brienというお肉屋さんに因んで付けられたのではないかと言われています。道の名前になってしまう程のお肉屋さん、どんなお肉屋さんだったのでしょう!?

普段あまり通る事はないかもしれないけれど、この通り、よく見るとメルボルンに少し詳しくなっちゃいます。

地面にカラフルな水玉模様、その横に消えかかった文字。よく見るとitalian, greek, indonesian,,, ?? そしてその横にはこれまたカラフルなシマシマ。何か意味がありそう。

 

もう少し中へ入ると、married, divorced, widow,,??こちらはmarital status!!他にもreligionやoccupationなど色々なテーマにそった水玉とシマシマ。

 

実はこれ、2002年にLaneway Commissionというメルボルンのシティ内の様々なLaneで開催される展覧会がこのBrien Laneで行われ、Louisa Bufardeciというアーティストによって地面に直接描かれた作品なのです!!1996年の人口調査をもとに色分けした線グラフだそうです。1996年とは情報がちょっと古い気がしますが、、。

 

他には'monthly home repayments'や'method of traveling to work'まで。

'language spoken at home'や'birthplace'というテーマではメルボルンの多文化、多民族の色をよく表しています。悲しい事に'Japan''Japanese'は見つけられませんでした、、。いや、もしかしたら消えかかっていて見落としてしまったのか!?皆さんも近くを通った時はJapanを探してみてください!
 

 

 

メルボルン珍百景では皆様からの投稿を随時お待ちしております!!!
 

ペンネーム、あなたの見かけた珍百景写真とそれを発見した場所を明記の上、「メルボルン珍百景係」までご応募ください!

受付メールアドレス:editors@gogomelbourne.com.au
 

または下記コメント欄よりGO豪取材班に取り上げてもらいたいあなたのおススメ珍百景を教えてください!!

関連記事

最新記事

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

船旅(4)

最初のころは物珍しさも手伝って、それほど退屈にも思わなかった船旅.....

アクセスランキング

  1. 船旅(5)
  2. 船旅(6)
  3. 船旅(7)
  4. 船旅(8)
  5. 船旅(4)

トップ20リストへ

人気の記事