観光・楽しむentertain

メルボルン珍百景mel_chin

投稿!メルボルン珍百景 26枚目

期待させすぎちゃうレーン

2011年6月4日掲載

 

メルボルンで見つけた思わず笑ってしまった、はたまた首をかしげたくなるような「?」なヒト、モノ、景色の写真を投稿形式で発信!

あなたの珍百景をどしどしご応募ください!


 

とある平日の夜。

シティを歩く。

いつもと違うルートで帰ろう、そんな矢先に出会ったキラキラ照明に彩られたストリートのサイン。

 

なんなんだこのいかにも特別感のあるレーンは。

期待を膨らませ、迷わずその先を進んでみる。

 

 

レーンの入り口すぐに現れたのは一面に散りばめられた星の装飾。

きっとその先には何か特別なものがあるに違いない。期待値は増すばかり・・・

 

??

???


無!!!!!!

 

 

KEE LEA!?

なにやらKEEP CLEARの「P」「C」「R」がはぎとられてしまった模様。

しかも明らかに故意にイタズラされたのか、全てのKEEP CLEARがKEE LEAさんに。

 

期待を高めるだけ高めさせ、結局何もないどころかイタズラ被害にあってしまったこのレーン。

一体何なんだ!?

 


調べてみるとこのレーン、メルボルンの名誉市民である、Dame Edna Everageの名前が冠せられて、当時のメルボルン市長John Soにより2007年3月にBrown Alley からDame Edna Placeへ改名された公道だという。
※Lt. Collins Street沿い(Swanston StとElizabeth Stの間)

Dame Edna Everageといえば紫色の髪にド派手なメガネのセレブな”おばちゃん”!テレビや映画で活躍し、ニコール・キッドマンやラッセル・クロウなどオーストラリア出身のハリウッドスター達の卵時代に演技の指導もしていたらしい。親しいエリザベス女王に"Dame"の称号を許されたという。

ストリートサインにしては派手ではあるが、改名されるまでは周りのビルの業務用通路だったこのレーン、彼女の名誉を称えているにしては地味な気がする。果たしてDame Edna はこのことを名誉に思っているのだろうか。それは本人のみぞ知ること。
 

 

何も無いレーン、Dame Edna Pl。

夜の入り口付近はなんとも素敵な雰囲気を醸し出す。

 

暇な夜があれば一度訪れてみるのも悪くないかも。
※期待をし過ぎてはいけません。

 



メルボルン珍百景では皆様からの投稿を随時お待ちしております!!!ペンネーム、あなたの見かけた珍百景写真とそれを発見した場所を明記の上、「メルボルン珍百景係」までご応募ください!

 

受付メールアドレス:editors@gogomelbourne.com.au


または下記コメント欄よりGO豪取材班に取り上げてもらいたいあなたのおススメ珍百景を教えてください!!

コメント

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....

アクセスランキング

  1. 墓巡り(3)
  2. 墓巡り(2)
  3. ミリオネア(3)
  4. ミリオネア(最終回)
  5. 墓場の散策(1)

トップ20リストへ

人気の記事