観光・楽しむentertain

メルボルン体感動画!movie

動くGO豪メルボルン Vol.7 (Tram96編)

最新型トラムが走る96番トラムは、見所満載の人気路線!

シティを中心に南北に走る96番トラム。ここの路線は利用客が多いせいか、比較的新しい車両が運行されています。北は"East Brunswick" から南は"St.Kilda beach"まで結構な距離を任されています。

そしてこの路線で活躍するたまに見かける黄色いトラム。どうやらあれは"Bumblebee(マルハナバチ)"という愛称のトラムらしい。動画にも出てきますが、ハチのイラストでデザインされた可愛らしいトラムです。運行距離が長いこともあって「頑張って働けよ!」という意味合いでも込められているのでしょうか? とにかくこの路線の黄色いトラムと白いトラム。どちらも5両編成の長くて最新型のトラムです。

さて、テッちゃん的な情報はこの辺にして旅のお話。

今回は96番線を使ってシティのショッピングエリア、バークストリートモールより海を目指しました。途中、サウスメルボルンマーケットへ立寄り、さらには毎年3月にF1グランプリの会場となるアルバートパーク沿いを走り、セントキルダビーチへと向かいます。

サウスメルボルン駅に隣接しているサウスメルボルンマーケットは、人混みも程よく、品揃えも程よくなんとも落ち着いた雰囲気でショッピングが出来るマーケットです。ふらっと立ち寄る感覚で訪れても良し。新鮮な食材から、加工食品、日用品、カフェ、レストラン等何でもここで揃います。マーケットで出会った人たちの中には、車いすでも「バリアフリーなので買い物がしやすいところ」とおっしゃっていました。

さらに旧私鉄ラインから旧ビクトリア州鉄道と利用されてきた"Light Rail"と呼ばれる鉄道区間を利用して走ります。ここは、ほぼアルバートパーク沿いのラインで、車窓から毎年3月のF1グランプリで使われているピットやレースコースを覗くことも出来ます。もちろん普段は広大な公園で、散歩やサイクリングする人々だけでなくコクチョウやカモなどの水鳥も多く訪れています。

今は冬、そして夕暮れの撮影ということもあって海沿いは静かでしたが、メルボルンで最も人気のあるセントキルダビーチは夏のシーズンや週末は多くの人で賑わいます。そしてトラムは古くからこのセントキルダにある遊園地”ルナパーク”をかすめて終点へ。

季節に応じて色々な表情を見ることができるこのトラムで休日のスポットを探してみてはいかがでしょうか?

Takuya Yumoto

動くGO豪メルボルンの他の動画はこちら

 

 

コメント

関連記事

Gog and Magog

ロイヤル・アーケードの守護神、ゴグとマゴグ

最新記事