イベントインフォevents

イベントレポートreport

内在の風景 Immanent Landcape

見えないヴィジョンを表現。日本人アーティストが多数参加

進藤詩子 

「内在の風景」と題する現代アート展が、メルボルンシティ北西部、ビクトリアマーケットに近いギャラリーで行われた。
日本とオーストラリアから8名の作家の作品が展示。
オープニングの日には、作品を制作した作家が集まった。

開会の辞を述べる進藤詩子。
内在の風景展には、高松次郎の言うような『見えないヴィジョン』を感じる能力に長けている作家が集まったように思う。
幻は、彼らの研ぎ澄まされた感性に捕えられる。
そして彼らの優れた技を持ってその強度を増し、風景を仮の棲まいに漂う。
今回の展覧会のテーマである内在の風景というコンセプトは、そのような見えない幻が宿った展示作品を包括している。

進藤詩子  作品へのリンク
1980年東京生まれ 現在、メルボルン在住
東京とメルボルンのふたつの都市で活躍中。
 

大西伸明  作品へのリンク
この電球のタマに見えるものは、電球のタマではなく、樹脂製の芸術作品。

僕の作品は、主に樹脂による型どりや版画技法を用いて、物体の表面を剥ぎ取りつつ、本物と見紛うような彩色を施して、別の物質へと移行させたものである。
例えばガラスをモチーフとした場合、作品≪garasu≫は限りなくガラスに近い表面を有しておりまた同時にガラスとは全く異なるモノとして存在し、両者の間で引き裂かれた状態になる。
ガラスは、透明になればなるほど、向こう側の風景をはっきりと写し出し、こちら側の風景も反射して写しだす。
つまり透明になればなるほど緊張感が増し、曖昧な領域に存在する特殊な物体である。

佐々木愛 作品へのリンク
食品用の砂糖(royal icing)を使って壁に文様を施す独自のユニークな手法を確立。

見えない島 ポート・フィリップ・ベイ
私たちが地図を見る時、海によって切り取られた陸地だけしか知ることが出来ない。
その先は海の底で、紙の上では表現されないのだ。しかし海岸線が陸の終わりではなく、陸はその先にもすっと続いている。大陸と云う名の島は、私たちが見えない海の底で無限に繋がっている。

片桐功敦 作品へのリンク
華道家。オーストラリアの北部にあるアーネムランドを訪問。アボリジニの居留地を訪問してインスピレーションをもらう。タスマニアを訪問して素材を入手。独特のアート生け花を展開。

元田久治 作品へのリンク
都市風景をモチーフとした作品。
写真の中の都市風景を廃墟というフィクションとして自らの手で描き、版画においてはリトグラフで客観的に捉えなおす手法である。

内在の風景は、8月20日から9月4日まで開催。

 

内在の風景

 HP http://i-landscape.net
開催日:8月21日-9月4日
会場:West Space   http://www.westspace.org.au/

 

loading Google Map ...

関連記事

Future Spark

“EARTH HOUR”へ向かって、皆で漕ぎまくれ!

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....