ファッション・美容beauty

おんなを磨くトータルケアonna

LOVE!!!eyelash

女は目力。素敵なつけまつげの見分け方とオススメアイラッシュ

「それ、どこのつけまつげ?」
「つけ方、教えてほしい!!」
ありがたいことに、初めて顔を合わせる女の子によく言われるセリフです。


マスカラ大好きだったわたしが、オーストラリアに来てからというもの
ツケマツゲ派になりました。

実はわたしは以前、化粧品会社の商品企画課でプランナーとして
つけまつげのカットなどを考えたりする職業についていました。

どんなカットが目を大きく見せるのか。
どんなカットが自然なカットなのか。
どんなカットが使いやすいのか。

……白状してしまうと、
わたしは日本ではつけまつげを自分で日常的に使っていたわけではありませんでした。

理由はシンプル。
元々のまつげの長さに少し自信があり、必要ないと思っていたのです。

さらに<マスカラオタク>
常にポーチの中には3種類のマスカラが入っていました。
ボリューム、長さ、したまつげ用。
それぞれに適したブラシと液含みをするマスカラがあり、ダマにならない、にじまない、
長さをしっかり出せるけれど繊維がパラパラ落ちてこない……など。

チェック項目は厳しく<いち、マスカラ好きの消費者の目>で見て厳選された3本が常に入っておりました。
もちろん新しいアイテムが数社から出たと聞けば、即購入。

話が大好きなマスカラに思いっきりそれてしまったので、ぐぐっと軌道修正しまして。
今回は現在手放せない「アイラッシュ」について。



現在使用しているアイラッシュ、ことツケマツゲはコージー本舗のスプリングハート。
コージー本舗は日本のつけまつげの8割のシェアを誇る、「つけまつげのプロ」な会社です。
プロユースにメイクアップアーティストTAKAKOさんとのコラボレーションした「オトナのツケマツゲ」を始め、
今をときめく益若つばさチャンとのコラボレーションまつげ。
さらに大手化粧品会社のつけまつげのOEM(Original Equipment Manufacturer:発注元企業のブランドで販売される製品を製造すること)も行うなど、日本のつけまつげの陰にはこのコージー本舗が存在すると言っても過言ではありません。
 

     

さらに、一般的にはビューラーと呼ばれるまつげをカールさせるこのアイテム。
コージー本舗ではカール機と呼んでおり、角度や幅の長さなど少しずつ変化させ
まつげに優しいテンションを目指したカール機を販売しています。
その数実に十何種類にも及び、百貨店で爆発的大ヒットし、品薄状態が続いたという幻の1品もこの会社が産み出したものです。

アイメイクを本気で考え続けるこの会社のつけまつげを大量に購入し、オーストラリアに個人的に持ってきたのですが、
ストックがなくなってしまい焦ったわたしはここメルボルンで購入できる「納得の1品」を探すことに。

納得のポイント
■毛束や毛流れが不自然ではないこと
■毛足が長過ぎないこと(1cm以上あると不自然でした)
■つける部分がしっかりしていること
■毛そのものにバラつきが少ないこと
■もちろん安いこと!!!
■好みとしてはクロスタイプがオススメです
……と、ほとんど品質管理課のようなチェックをしながらウロウロ探すこと1週間。
なかなか見つからないのです。

かといって、百貨店で売っている大手化粧品会社には頼りたくない……。
基本はドラッグストアなどでナイスプライスで売っているものが良い。
ほとんど意地になって探し続けることさらに1週間。

見慣れたパッケージをシティ内で発見。

スプリングハートです。ちゃんと輸入されていたんですね。
お値段は$12。日本に比べて輸入している分、当然ややお高めではありますが、致し方なし。
大好きなNo.4を購入です。
こちらは密度の高いクロスタイプ。
根元もしっかりしていて使える回数も、多めなことが予想できます

日本帰国の際は、大量購入をお勧めいたします。

そしてメルボルンでのつけまつげ探しの旅はさらに続きます……

(文:松本千恵)

関連記事

艶髪

お肌と同様に髪も潤いと艶がmustです

最新記事

アクセスランキング

  1. 今週のNADESHIKO – NENE (Scene 212)
  2. 今月のYAMATO NADESHIKO x iae留学ネット – TAEKO
  3. 今週のNADESHIKO – JURINA (Scene 211)
  4. 今月のYAMATO NADESHIKO x iae留学ネット – Nanase
  5. Lee Jeans AustraliaのSummer Lookbookの撮影裏

トップ20リストへ

人気の記事