Logo for justaustralia

オーストラリアの音楽野外フェス!! Splendour In The Grass

今日の音楽コラム、Just Australiaでは今年の73031日、そして81日の三日間にまたがって行われる野外音楽フェスティバル、


Splendour In The Grass
http://en.wikipedia.org/wiki/Splendour_in_the_Grass
http://www.splendourinthegrass.com

 

を紹介します。

 

このフェスティバルは、Queenslandで行われるのですが、メルボルンを始め、オーストラリア各地から、このフェスティバルの為に州をまたいで来るファンが沢山いるという人気のフェスティバル。

もしこのコラムで興味を持った人は、ぜひフェスティバル参加を考えてみては?

 

 

 

場所は、QLWoodfordという場所で、ブリスベンからおよそ50キロくらいの距離に位置する地域です。

(コラムの下に地図が表示してあります。)

  

 

 

メルボルンから参加したい場合は、ブリスベンまで飛行機で行くか、気合のある人はメルボルンから数人でドライブしていってもいいかもしれないですね!

 

ドライブの場合は、ブリスベンに行くのに2日くらいかかってしまうでしょうけど・・・。

 

  

 

さて、このフェスティバルですが、今年からこのWoodfordという場所で開催されるようになりました。

 

2001年から去年まではByron Bayで行われていたのですが、今年はフェスティバル10周年ということで、規模も大きくし、立地も新たに行うようです。

  

 

 

このフェスティバルが注目される理由は、なんと言ってもそのラインアップの豪華さ!

 

Big day outのような他の野外イベントは、別の州でも行うので、アーティストやコンサート会場も移動し、参加者は自分の州で行われるイベントに参加するというのが通常の流れです。

 

しかし、このSplendour In The Grassフェスティバルは、参加アーティストが豪華なのに、他地域で同様のコンサートを行わないので、そういった理由で他の州から沢山の人が押し寄せるわけです。

 

 

 

 

それでは、現在発表されている注目のラインアップです。

The Strokes
Pixies
Ben Harper & Relentless7
The Temper Trap
Mumford & Sons
Florence and The Machine
Scissor Sisters
Empire of The Sun
The Ting Tings
Band of Horses
Goldfrapp
Richard Ashcroft & The United Nations of Sound
Grizzly Bear
LCD Soundsystem
Angus & Julia Stone
Hot Chip
Wolfmother
Passion Pit
Midnight Juggernauts
Jónsi
Paul Kelly
Laura Marling
Lisa Mitchell
Midlake
The Vines
Black Rebel Motorcycle Club
Broken Social Scene
Tame Impala
The Magic Numbers
K-OS
Operator Please
Bluejuice
Little Red
Ash
The Middle East
Whitley
Yeasayer
Miami Horror
Delphic
We Are Scientists
Foals
Alberta Cross
Surfer Blood
Space Invadas
British India
Washington
Philadelphia Grand Jury
Clare Bowditch
Band of Skulls
Two Door Cinema Club
The Drums
The Mess Hall
Violent Soho
School of Seven Bells
Last Dinosaurs
John Steel Singers
Yacht Club DJs
Jonathan Boulet
Dan Sultan
Oh Mercy
Cloud Control
Boy & Bear
Ernest Ellis
Tijuana Cartel
Frightened Rabbit
The Joy Formidable
Skipping Girl Vinegar
Gypsy and The Cat
Money For Rope
JaC Stone
Zennith
Tim & Jean

 

 

言わずと知れた大御所のストロークス、ピクシーズ、ベンハーパー目当てで来場する人も沢山いそうですが、今年大ブレイクしているオーストラリアの新人バンド、テンパートラップも出演しています。

 

他にも、Triple Jのラジオ投票ランキングでNo1に選ばれたMumford & SonsARIA賞を沢山受賞したEmpire of The Sun、以前にUKチャートで急にトップに躍り出たけど最近目立った活動の無かったThe Ting Tings、名門レーベル・Subpopから輩出されたBand of Horsesなどなど、注目のアーティストを挙げればキリがありません!

 

オーストラリアのアーティストも多数参加していますね。

Angus & Julia StoneWolfmotherMidnight JuggernautsPaul KellyThe VinesTame ImpalaOperator PleaseLittle Red(ドラマーが日本人です!)、The Middle EastBritish IndiaWashingtonClare BowditchViolent SohoOh Mercyなどなど、こちらも挙げたらキリがありません!

 

 

 

チケットの発売は、56日の現地時間午前9時から。

 

毎年数時間以内に売切れてしまうので、今年もチケットの入手困難が予想されています。

 

Moshtixというチケット会社からのみの販売です。

 

Moshtix

moshtix.com.au

phone; 1300 438 849

 

 

チケットはやはり高いです。汗

インターネット経由で3日の通し券を買う場合の値段が$360.20

現地でキャンプする場合、その場所代がかかるので、$461.80になります。

 

 

もしこのラインアップで見たいアーティストがいれば、それぞれのライブに行くよりも、フェスティバルで一気に全部みることで安く済むかもしれないですね!

あと、野外フェスティバルの醍醐味は、オーストラリアの自然の中でキャンプしながら、ゆったりと見たいアーティストを見たいだけ見る!というものです。

 

オーストラリアの音楽文化の重要な部分を占める野外フェスティバル、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最後に告知になりますが、ウェリントンズのライブ情報です。

57

Karova Lounge, Ballarat

w/ the cassette kids

515

National Hotel, Geelong

w/ the cassette kids

 

バララットとジロングという、メルボルンの町からはかなり離れた町でのライブです。

 

この二つのライブは、なんと、SxSWという世界最大級の音楽祭にも今年出演し、注目の新人アーティストとして活躍中のCassette Kidsのサポートライブです!

 

個人的にも気になっていたバンドなので、一緒にライブやれるのは楽しみです。

 

Cassette Kids

http://www.myspace.com/cassettekids

 

実は前々回のコラムでもこのバンドを紹介しています。

http://www.gogomelbourne.com.au/columns/justaustralia/archives/2010-04-05.html

 

もしGeelongBallaratまで来たい!という気合の入っている人はぜひお越しください。笑

 

それではまた次回のコラムで。

 

Koji

 

P.S. メールマガジンも定期配信しているので、そちらもぜひどうぞ!
オーストラリアの文化、音楽、地域情報、ニュース、語学など、様々なお役立ち情報を毎週2回配信する無料メルマガ【英語☆音楽☆文化 JUST AUSTRALIA】にもぜひご登録ください!音楽だけでなく、オーストラリア関連の情報盛り沢山!

メルマガの登録はこちらから。
http://www.mag2.com/m/0000285569.html
今までのメルマガのバックナンバーはこちらから。
http://archive.mag2.com/0000285569

コメント

関連記事

最新記事

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....

船旅(15)

ニールは、重い腰を上げてドアを開けて、刑事たちが部屋に侵入するの.....

船旅(14)

ニールは、ビルを出たところで、携帯で話しながら歩いている男と衝突.....

船旅(13)

「プリンセス号の乗船まで、警護してくださるんですか?」 「二人で.....

船旅(12)

ニールは、「リーさんですか?」と聞くと、相手の男が頷くのを見ると.....

カレンダー

<  2020-09  >
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

プロフィール

メルボルンの音楽会社に6年勤務、そして世界各国でCDをリリースしているパワーポップバンド「The Wellingtons」のギタリストとして活動中の浅野浩治による音楽情報コラム。

記事一覧

マイカテゴリー