観光・楽しむentertain

子どもと行くメルボルンkodomo_melb

子どもと行くメルボルン @Flagstaff Gardens

~シティの庭~

2012年8月3日掲載

 

メルボルンで最も古い公園であり、平日は周辺で働く人の憩いやスポーツ活動の場として、加えて週末は家族連れも
多く見られるFlagstaff Gardensが今回の行き先!


 

交通手段は、もちろん!電車。
シティループのFlagstaff stationの出口を出ると、Flagstaff Gardensはすぐそこ。


緑の芝生や様々な植物が迎えてくれ、天気の良い日にはランチや読書の場として人気。

 

子ども連れで行くなら、まず目指すは公園北東部(William Street側)にあるプレイグランド!
おなじみの滑り台、ブランコ、ちょっと大きめシーソーや砂場に子どもは夢中になる。

 

このプレイグランドエリアにはベンチやテーブル、BBQもあるので、昼食やおやつを広げるのにも便利。
 

また、テニス(兼ネットボール、バレーボール)コートもあり、予約して使うことが出来る。
詳しくは→http://www.melbourne.vic.gov.au/melbournecitybaths/Facilitiesandservices/Pages/Tennis.aspx

そして、プレイグランドからはヴィクトリアマーケットもすぐそこ。



マーケットで買った物を食べながら、ここでのんびりするのも良いかも♪
また、マーケットでは子ども向けイベントもあるので、それに合わせて行くのもおすすめ。
次回のイベントは「Living Science」と題して8月19日9:30~。
詳しくは→http://www.qvm.com.au/qvm/what's_on.aspx?event_id=871

 

最後に、この公園の歴史を少し。
1840年代、ここにある丘からはPort Phillip Bayが見え、そこへ船が入港すると高さ15mのflagstaff(旗竿)に旗
が揚げられ、メルボルンに住む人はそのニュースを知るという仕組みだった。
1860年代の電信技術の進歩により、この旗竿はその役目を終える。
1862年より、公共の公園としての整備が始まり、Fitzroy  GardenやTreasury Gardensも後に手掛けた
Clement Hodgkinsonが設計している。 
1918年には子ども用プレイグランドも設置された。
 

Flagstaff Gardens
309-311 William Street
West Melbourne
VIC 3003
電話(03) 9658 9658

電車:Flagstaff station下車
トラム:No55、シティサークル、24、30

loading Google Map ...

コメント

関連記事

最新記事

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. ミリオネア(1)
  2. ある雨の夜に(最終回)
  3. 塞翁が馬(1)
  4. 塞翁が馬(最終回)
  5. 塞翁が馬(3)

トップ20リストへ

人気の記事