観光・楽しむentertain

子どもと行くメルボルンkodomo_melb

子どもと行くメルボルン @Phillip Island

スクールホリデー中の行き先に♪

2014年7月4日掲載

前回の行き先、マスを釣ってその場で食べられる「Rhyll Trout & Bush Tucker Farm」。
その他にもフィリップアイランドには見所がたくさんなので、今回はそれらをご紹介!

 

まずは、ペンギンパレードと同じくらいフィリップアイランドを有名にしているモーターレース、
特にバイクのグランプリ(世界選手権)が行われるサーキット。

レース期間中は人でごったがえすここも、冬の今は閑散期。
案内所の前にはカンガルーが飼われ、のんびりとした雰囲気。

ここでは実際のサーキットを見られるツアーや、レプリカコースにてゴーカートに乗ったり家族向けの
アクティビティも充実。 (レースの有無によってアクティビティが限られるので要確認。)

ここで開催される次のレースは7月19、20日のAustralian Superbike Championship。

詳しくは→http://www.phillipislandcircuit.com.au/

 



次は島の南西端にあり、水平線が美しいThe Nobbies。
海岸沿いに木製の遊歩道があり、波や空のうつり行くさまを眺めたり、運が良ければ鯨も見られる。

この先にあるSeal Rocksはその名のとおりアザラシの住処。
オーストラリア最大級のこの生息地では5000頭以上のアザラシが暮らしているそう。
ただ、Seal Rocksは岸から約2km先で、肉眼でアザラシをみるのは難しいので近くで見たいなら
船で行くツアーがおすすめ。 今の時期は合わせて鯨を見るツアーも。
詳しくは→http://www.wildlifecoastcruises.com.au/

 


そして、海の生物などについて学べるNobbies Centre。
ここにはレストランや幼児向けの屋内プレイグランドもある。

ちなみにペンギンパレードはここからすぐ近く。
詳しくは→http://www.penguins.org.au/

 


その帰り道、今度は南端にあるPyramid Rockへ。
ここでも時に荒々しく、しかし美しい景色を目のあたりにできる。

 



最後に更に橋を渡った所にあるChurchill Islandへ。 
初めて見る野鳥や、珍しい種類の牛たちに迎えられる。

ここには1800年代の農場があり乳搾りなど体験できるが、そういったほとんどのアクティビティは
午後からなので要確認。
スクールホリデーと祝日限定で馬車の荷台に乗ることもできる(1pm-1:45pm)。
詳しくは→http://www.penguins.org.au/attractions/churchill-island/


今7月中は、上記の農場体験やペンギンパレードなど3箇所にアクセスできる「3parks pass」の
大人券($40.40)を買うと、子どもの分($20.20)が無料になるキャンペーン中。
(Facebookにて“Like”クリック後、クーポンの印刷)
詳しくは→http://www.penguins.org.au/news/blog/kids-go-free-in-july-to-phillip-island-nature-parks/

    


他にも野生に近い状態のコアラが見られるKoala Conservation Centreやチョコレート工場、ペリカンの
餌付けなど盛りだくさん!
メルボルンから車で約90分。 スクールホリデー中の行き先にぜひ。
 

loading Google Map ...

 

コメント

関連記事

最新記事

船旅(9)

光江は、「アマンダの連絡先なんて、旅行の申し込み用紙にも書いてあ.....

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

アクセスランキング

  1. 船旅(8)
  2. 船旅(9)
  3. 船旅(7)
  4. 船旅(6)
  5. 船旅(5)

トップ20リストへ

人気の記事