あなたのオーストラリア留学を応援します!
メルボルン シティ マップ

観光・楽しむentertain

3カ月でオーストラリアを1周する方法round_aus

84-86 / 87days -Back to VIC-

3カ月でオーストラリアを1周する方法

2012年4月19日掲載

 

写真が趣味の僕は、ワーキングホリデーで渡豪して1年半。目標の一つであったオーストラリア一周の旅をするなら今しかない!山あり谷あり海あり砂漠あり、もうなんでもありのオーストラリアを、生まれて初めてのマイカーで旅した3ヶ月。写真満載で約30回に渡ってお届けします!

 

 新年です。前回の続き、1月1日の午前3時から始まります。

 長い長い一日の終わりに、電車に乗ってCityを出る。大晦日を終えた若者たちが騒ぐ車内、ぐったりと揺られ、朝方車を停めた場所へ。車が無事でホッとし、しばらく車内でぐったり。意外と眠気は無かったので、このまま南へ足を進めることにする。

 夜のドライブは久しぶり。久しぶりだが動物の気配もなく、他の車も走っていないのでぶんぶんと走る。年末に立ち寄ったLiverpoolを過ぎ、山道を越え、そろそろ眠くなってきたのでマックへ。いやはや、どこにでもあるのが素晴らしいですね、こんなん西海岸や内陸では考えられない!…喜びも束の間、ドライブスルーのみだったので、朝マックセットを買って駐車場で休憩。お腹を満たすと加速するのが睡魔らしく、そこで僕の一日がフェードアウト…。

 

 

 明け方の明るくなった道を助手席で揺られる。そして気が付けばWollongongのマックにいた。いやーどこにでもあるんですね。外は明るく、車内は暑くなりつつあるが、お構いなしに寝る。泥のように。長い大晦日の次の日はのんびりと穏やかに過ごそうと、今日はこの町で宿泊することに。予約した宿のチェックインまでは6時間あるが、大晦日の花火待ちに比べたらなんてことはないのである。ぶらぶらとドライブ、ショッピング(見るだけ)、ビーチで昼寝、、とのんびりと過ごす元旦。こんな日もまた、振り返ればいい思い出だろう。

 宣言通り、十二分にのんびりとし、ごはんを食べ、ビールを飲み、少しは正月らしさを出すために新年の抱負を考えたり。とりあえずの目標は、このまま無事メルボルンに到着すること。明日からもう少しのメルボルンまでの帰り道も、気をつけて楽しく行こう!

 

 

 新年になっても変わらずギリギリのチェックアウトをし、今日はどこまで行けるのだろうか。天気が悪く少し肌寒いが、眠たいながらも元気よく、車を走らせる。そして早くも標識にMelbourneの文字を発見!気持ちが高まってくるが、あくまでものんびりとメルボルンへの帰り道、道中を楽しもう。まだまだサンタクロースもいるわけだし。

 

 

 途中で立ち寄ったなんとかという町で手に入れたパンフレットを見て、なんとかという国立公園へ。Jervis Bayという所にあるらしいこの国立公園で、Cape St George Light Houseという場所へ。もともと灯台があった場所だが、自然災害による悲劇があったそうな。今も残る灯台の廃墟から、物悲しさが漂ってくる。元旦からこういう国立公園に来るなんて、と自ら思っていたが、他にもひと組オージーの家族がいた。アクティブだなぁ。

 

 

 のんびりとはしているつもりだが、どこかメルボルンまでの道を急いでいるような気分。標識に書いている数字がどんどん少なくなっているのも手伝って、観光にも運転にもそわそわが付きまとう。それでも日は沈んでいき、今日もキャラバンパークへ。カンガルーの多いコト!

 

 なんだかんだと車で目覚め、ごはんを食べて出発。今日でメルボルンまで着くのか!?と気持ちはやはりメルボルンに。焦らず安全運転を続けていると、ついにVIC州に!ラウンド5日目以来、80日振りにビクトリア州へ帰ってきたことになる。いやぁ感慨深いなぁと言ってはみるものの、ビクトリア州の東側には来たこともないのでやはり新鮮な気持ち。それでも車のナンバーがVICだらけなことにちょっとした安心感を感じる。あと少しだけど、楽しんでいこう!

 

 そして辿り着いたLakes Entranceという、素敵な、そのまんまな名前の町。地図で見ると分かるが、数々の湖が海の近くに集まっている。それらの湖は、川のような、また海のような印象もある。ボートがたくさん停まっていて、海産物も人気な模様。

 

 

 町から西へ坂を登ったところにあるLookoutからは、こんなに素敵な眺めが。眺め、写真を撮り、眺め、写真を撮り、の繰り返し。目的地も忘れて没頭できる風景、多くはない。いいですね、Lakes Entrance。

 

 

 

 それでも西へ、西へ。途中のSaleという町では、こんな旋回橋(?)というやつに再び目的地を忘れて時間を奪われる。

 

 

 

 なんてことはない、初めて見るものや風景が好きなんだなぁと今更実感したりするのです。このオーストラリア一周の旅も86日目。その中で何度出会い、目にしたか分からない絶景や素敵な街並みが思い出されるのんびりとした時間。時にじっくり、時に急ぎ足で回って来たこの広大な大陸で、どれほどの魅力を感じてきたのか。思い出はずっしりと体中に。

 

 残すはあと数百キロ。いつものようにキャラバンパークで夕食を作り、ビールで乾杯。いつものようにテントの中、寝袋で寝る。

 起きると、その日は最終日。

 

走行距離・・・1090km
総走行距離・・・27322km

コメント

関連記事

0 / 87days

3ヶ月でオーストラリアを一周する方法

最新記事

人探し(16)

「お母さんと話したいんだが、無理かな」と正雄が藤沢に聞いたので.....