イベントインフォevents

ニュースnews

LINK FOR JAPAN -日本とメルボルンを繋ぐ震災支援-

日本から届いた1通の便り

2011年6月10日掲載 

 

 

日本から、GO豪メルボルンへ届いた1通の便り。

 

今だからこそ日本を想い、引き続き震災被害に苦しまれている方々のために。

 

日本人である私たちにできること。

 

LINK FOR JAPAN

 

 

LINK FOR JAPANとは2010年1月に20代の社会人、学生が集まり、「少しでも社会に貢献したい」との思いで結成された団体です。
当初の目的は勉強会から始まり、「無理のない社会貢献」を日本の文化に根付ける為、自らが動きイベントを開催。今後はイベント以外の活動も多く予定しています。
 

LINK FOR JAPANのテーマは「無理のない社会貢献」を通じた3つのアクション実現にあります。



<Action 1: チャリティイベント>

2011年中に7ヵ国15都市でチャリティを開催し、300万円を寄付。 
※寄付先は認定NPO法人難民を助ける会(AAR JAPAN)

<Action 2: 世界中の有志とのチャリティ活動>

LINK FOR JAPANにかかわる1人1人のつながり通じて世界中のメンバーとつながりチャリティ活動を開催していく。

<Action3: 学生と社会人の融合>

学生と社会人が、尊重し合い、融合する事で双方の壁をなくし、共に刺激し合う事で日本に好影響をもたらす。

 

これらのアクションを「パーティーに参加し楽しむだけで寄付ができる」=「無理のない社会貢献」を実現し、イベントを通じて持続的な関心へとつなげていくことを命題としています。

 

2010年5月22日に開催したハイチ復興支援のチャリティイベント「Hope for Haiti」では約230人の集客、36万円を寄付し大成功を収めました。

 

 

また、多くの人々がイベント後に「無理をしないでも社会貢献が出来る事が分かった、自分でも何かは出来るんだね」との言葉から来場者の心の変化を作る事に成功。

 

そして今回。

2011年7月2日(土)には、東日本大震災の復興支援のチャリティイベント「LINK FOR JAPAN」~1人1人のLINKが世界を変える~ を東京のVanity Loungeで開催を予定しています。

1000人規模となるこのチャリティーイベントにて、時差がほとんどないアジアとオーストラリアをSkype meetingを通じて同時中継させていただきたく思っています。

そこで、是非当日、日本とメルボルンとを繋げ、世界にはまだ日本の為に行動を起こしている人が沢山いるんだという事を1000人の東京の人々に知っていただきたいと思っています。
 

イベントの規模は問いません。

Skype Meetingのできる環境下であればハウスパーティーでも構いません。
その模様は著名Ustreamerのアヤノさん(http://www.ustream.tv/user/AyanoTDO/crowds?page=1)にて同時中継もされます。
できるだけ多くの人々、会場と繋がっていきたいと考えています。
 


日本と世界、日本とメルボルンを繋ぐチャリティイベント。

 

是非共に作り上げていきませんか?

 

当イベントにご協力いただける方、ご興味をお持ちいただいた方は下記宛先までご連絡をいただけると幸いです。

LINK FOR JAPAN 主宰: 山田勝俊(Katsutoshi Yamada)
・E-mail: 1color2theworld@gmail.com

 

LINK FOR JAPANに関する情報は下記をご参照ください。

▼about "LINK FOR JAPAN" project

・Facebook: http://on.fb.me/L4J2011
・Twitter: 1Color2theWorld
・Blog: http://ameblo.jp/1color2theworld/
 

 


【主宰者Profile】

山田勝俊(Katsutoshi Yamada)

1982年生まれ。
日本の大学卒業後、23歳でメルボルンのDeakin Business School(MBA)に入学。
MBA取得後、25歳で帰国。日系大手、ITベンチャー、外資大手等でも働くが 「明日死んだら後悔しないか?」と自問自答した結果、 自分の人生を生きる事を決意。
現在はMeltwater News JapanのInternational Management Trainee Programに属しながら、夢を持てる子供を増やすために現在様々な活動を準備中。
 

コメント

関連記事

最新記事

墓巡り(最終回)

 僕が怖がっているのを知って、その女の人の声は悲しそうに言った。.....

2017 Mitchelton Marsanne

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します.....

えあこん

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

墓巡り(6)

僕の趣味だった墓巡りは、僕が孤児院にいる間中断された。歩いて行け.....