facebook
あなたのオーストラリア留学を応援します!

イベントインフォevents

イベントレポートreport

『一葉式いけ花 ジャクソン・増美と歩んだ花の路』

花と共に築いた路、堪能してきましたよ!

10月の13・14日、『ジャクソン・増美と歩んだ花の路』という生け花展が開催された。

一葉式いけ花』という国際的に活躍する生け花教室がある。
流派という「流れ」にとらわれず、個性を大切にし、空間に調和する花というものを追求する一葉式。
海外にいくつも支部を持ち、広く生け花というものを根付かせているのである。

ここメルボルンにも、その一葉式いけ花教室があり、この度その生け花展が開催されました。

中に入ると花を整え、お世話をする生徒さんの姿もちらほら。
ぐるりと見渡すと、目を見張る美しい花たちの鮮やかさにびっくり。

 

それをダイナミックにアレンジし、アートへと変化させている。
目は口ほどに物を言うというけれど、花だって負けてはいないなぁというほどに個々の作品が華やかさを存分に主張していました。

 

そして今回、この日の為に東京本部の家元嗣 粕谷尚弘さんもいらしていました。
彼はニューヨーク・メトロポリタン美術館をはじめ、アメリカや南アフリカ、ウクライナ等、数多くのデモンストレーションや指導をするなど、海外で多く活躍されているそうです。
そんな彼の作品は入り口のすぐでダイナミック!かつ雄大な趣きで、来られる数々のお客様を出迎えていました。

粕谷さんにお話を聞くと、「一葉式いけ花では海外にたくさん支部があります。もちろんメルボルンにも。日本の生け花というものを、海外でクリエイティブなもの、アートとして、地元の人たちにもたくさん感じ、携わっていただくことにより、例えて言うなら逆輸入とでもいいましょうか、良いものが、さらに新しいものとしてまた日本に巡ってくる。そういうことを大切にしているんです。」と話してくれました。
 

そしてこの日、やはり主役はジャクソン・増美さん。
増美さんが生けたお花はお部屋の中央で凛とした佇まい。外の光を背に、力強く、並々ならぬ生気を感じました。
写真を撮らせて頂いたのですが、作品は増美さんそのもののような印象も。

今回の生け花展、個々に躍動する生け花というものにすっかり魅了されてしました。
力強く、悠々と、「ジャクソン・増美と歩んだ花の路」。何も言葉にしなくても、花たちから彼女の歩んだ路がひしひしと伝わったのではないでしょうか。

 

ICHIYO SCHOOL of IKEBANA

http://www.ichiyo-ikebana-school.com/

文・写真:maruyo

コメント

以前のコメント

佐々木京子   (2015-04-21)
40年前大東京火災海上に在席していた時一葉式華道部に所属。先生とドイツに行く話が。しかし仕事の関係で休暇が取れずとても残念に思っていた事を。 世界に羽ばたく一葉式が好きです。 あれから、子供がアメリカに留学。ホームステイ先で一葉式のご披露(ボランテア)。日本びいきのお宅で楽しい日々を過ごして来ました。今も一葉式が世界で活動されているのは感動。 大変嬉しく思っております。

関連記事

最新記事

baseball

プロ野球チーム「メルボルン・エイシズ」

アクセスランキング

  1. 週末どこ行く?何をする?12月第3週
  2. メルボルン12月のイベント
  3. 週末どこ行く?何をする?12月第2週
  4. 【12/6】フラワーアーティスト・假屋崎省吾先生来豪イベント
  5. 週末どこ行く?何をする?12月第1週

トップ20リストへ

人気の記事