イベントインフォevents

イベントレポートreport

天皇誕生日レセプション

平成最後の天皇誕生日祝賀会が開催されました!

2018年12月28日掲載

12月6日(木)、在メルボルン日本国総領事公邸で、天皇誕生日(12月23日)を祝うレセプションが行われ、各界の著名人約400名のゲストが訪れました。

公邸入口では、NEC Australia が最新の IT ソリューションをデモンストレーションしており、



階段には、来豪中の著名フラワーアーティスト・假屋崎省吾氏の作品が飾られている中、



松永一義在メルボルン総領事ご夫妻が、来客一人一人を出迎えておられました。


昨年のイベントが大雨であった対策か、庭園に大きなテントが張られ、和太鼓りんどうの開始太鼓で式典が始まりました。

歌手 Syrah Torii 氏により日豪両国の国歌「Advance Australia Fair」「君が代」が斉唱され、松永総領事、 Mr Steve Dimopoulos MP ー Parliamentary Secretary to the TreasurerHon Bruce Atkinson MLC ー President of the Legislative Council, representing the Oppositionによるスピーチが行われました。

日本の作法で、鏡割りからの乾杯、その後は歓談の時間となりました。

テント周りのブースでは、関西岡山愛媛鹿児島徳島沖縄岐阜安曇野の名産が振る舞われました。
これらの地域は、自治体などがオーストラリアへの進出に力を入れています。 どのブースも人気で、すし、飛騨牛、地酒が次々と消費されてゆきました。 

ステージでは、メルボルン弓道会によるデモンストレーションも行われました。


34度という真夏日の中、着物を着た人も見受けられ、華やかな会となりました。

「来年4月30日に現天皇が譲位され、5月1日からは新しい天皇、新しい元号となります。
平成という30年は、ITの進歩により国際的な協調が進んだ時代でした。
グルーバリゼーションの重要さは日本にも押し寄せてきています。
その対応として、メルボルンの Multiculturalism, Convenience, Generosity という理念がお手本になると考えます。」とは松永総領事の言葉です。

新しい時代が、良い時代でありますように。。。

 

文・写真:矢部勝義

 

コメント

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. 週末どこ行く?何をする?8月第3週
  2. メルボルン8月のイベント
  3. Prahran Market で A Taste of Kyoto 開催
  4. 週末どこ行く?何をする?8月第2週
  5. 週末どこ行く?何をする?8月第1週

トップ20リストへ

人気の記事