facebook
Wasshoi

イベントインフォevents

イベントレポートreport

Woorrbadinda: Celebrating the National Apology

新たな歴史の1ページを祝福!

2009年2月14日掲載

13th February 2009 @ Federation Square

※動画はページ下にあります。

 

 2008年2月、オーストラリア首相に就任したケビン・ラッド(Kevin Rudd)氏により、政府として公式にアボリジニの人々に対し謝罪の言葉を述べられました。その演説はオーストラリア中に感動と涙を誘い、オーストラリアの歴史に新たなページが刻まれました。

 

 その日を記念し、Stolen Generation Victoria主催により、フェデレーション・スクエア(Federation Square)にて記念式典が開催されました。ステージではアボリジニ・アーティストとのコラボレーションによるライブも行われました。ビック・スクリーンにはラッド首相の謝罪演説が放映され、その演説を聞くアボリジニの人々が涙を流しているシーンなどが映りました。またアボリジニではない人々が涙を流す場面もあり、それほどまでにアボリジニの人々の問題が、当事者であるアボリジニの人々だけでなく、移民の子孫であるオーストラリアの人々に深く重く心の中にあったこと目の当たりにしました。

 

 フェデレーション・スクエアに集った人々はアボリジニをルーツに持つ人だけでなく、さまざまな人種の人々が集まりました。2時間ほどで終了したイベントでしたが、終了を名残惜しむ人々がたくさんいました。

 

◇イベントの様子


Stolen Generation Victoria
URL:http://www.sgv.org.au/

関連記事

最新記事