日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

メルボルン夏祭り 日本人会

盆踊り、太鼓でドックランズが盛り上がった!!

2010年2月28日掲載

 第一回メルボルン夏祭りが2月27日(土)午後4時からドックランズのウォーターフロントシティで開催された。
曇り空で15度ほどの気温で、夏祭りというよりは秋祭りという肌寒さの中で行われた。
主催はメルボルン日本人会、メルボルン日本商工会議所の共同。

2000人の参加者を見込んでいたが、実際には5000名以上が参加する一大イベントとなった。
メインの舞台では、太鼓や笛、踊りなどのパフォーマンスが繰り広げられた。
中央にはやぐらが設けられ、炭坑節、東京音頭などのなじみの音頭で、盆踊りが行われた。

 12月に盆踊りの企画が立てられ、それから2カ月あまりの短い期間で、実行に移された。
食べ物は、焼き鳥、寿司、お好み焼き、唐揚げなどの5店と少なかったので、一時は50mほどの行列となった。
第一回目ということで参加人数が読めずに、様子見のところが多かったのが、食事店の参加が少なかった原因。

伊吹レストランでは、用意したウナギの寿司が最初の30分で500個売れるなど、午後6時頃には大半の食べ物が売り切れるという状態になった。日本人会で用意した50ケースのビールもほぼ売り切れ。 

 子供向けのゲームもたくさん用意された。ヨーヨーすくいは、ヤクルトの提供。
日本人会、商工会議所からの呼びかけでたくさんの日本企業が参加、また多くのボランティアが集まった。

ラッフル(富くじ)では1等賞品は、日本往復の航空券や、食事券、商品券など豪華が景品がかかり、2000枚ほど用意されたラッフル($2)は、早い時点で売り切れた。

今回は第一回の企画だが、予想された以上の多くの人が集まった。集まった人々の多くはぜひ来年もやって欲しいと期待している。
来年は、更に多くの食べ物屋やお店が並び、更に多くの参観者が訪れると思われる。

多くの日本人が訪れたが、オージーの数もかなり多く、日系コミュニティがオージーに支持されていることが理解できる。

 着物などの素材を利用した手作りの商品もオージーに人気がある。日本人だけでなくオージーがオーナーの店も多い。

プログラム(一部順不同)
日本人会安田会長挨拶
和太鼓竜胆(りんどう)・・・坂本さん
長谷川総領事あいさつ
盆踊り・・・炭鉱節、月夜のポンチャラリン、東京音頭(古橋さん、政江さんの指導。紫の会)
韋駄天・・・ハンティングデール小学校
よさこい、南中ソーラン節・・・日本人学校
笛ふくろう・・・さよなら三角、又来て四角
花笠音頭・・・紫の会
盆踊り・・・二回目
和太鼓竜胆・・・弁慶、三宅メドレー
紫の会・・・牛深ハイヤ節
盆踊り・・・3回目
ラッフル発表
日本商工会議所・・・滝会長挨拶。
 

 ラッフルの商品(総額$8,000)
日本往復航空券、ミシンとランロンセット、ラジコンカー、任天堂DS、商品券($100-$200)、レストラン食事券、日本酒、ワイン、AFLボール、うどん、そば、
当選者数は、100名ほど。

出店
東京デリ(ドリンク)、あかり(焼き鳥)、アイスシ(寿司)、シュン(から揚げ)、伊吹(寿司、ビール)、日本人会(ビール)、市場ジャンクション(雑貨)、アニメゾーン、(アニメ)、トンボ(着物)、エビスデザイン(習字)、おかむらバレリーナ(フェイス・ペインティング)、伝言ネット(ゲーム)、トヨタ自動車(ゲーム)、ヤクルト(ゲーム)
 

 

 盆踊りは、やぐら(仮設舞台)から丁寧な指導があるので、誰でも簡単に楽しめた。

メルボルン日本人会では、文化部、運動部などがあり、いろんな企画を行っている。
最大の部門は、JGAゴルフ部。婦人部などもパン作り講習会などたのしい企画を実施している。
今後は、夏祭りが最大の企画となる模様。

左、日本人会運動部部長の大場さん(豊田通商豪州社長) 右、日本人会会長の安田さん(豪州トヨタ社長)

メルボルン日本人会、メルボルン日本商工会議所のホームページ

住 所: Level 2, 99 Queen Street, Melbourne, Victoria 3000 Australia
電 話: (03) 9642 2120
ファックス : (03) 9642 2129
Eメール:info@jcci-jsm.org.au

営業時間: 月曜日から金曜日 9:00 AM ~ 5:00 PM

撮影データ
Canon EOS 30D オート 評価測光 絞りF10.0 1/250秒 ISO感度 400 AWB 画質圧縮率 JPEG 外部ストロボ 発光
レンズ EF S17-85mm f/4-5.6 IS USM 撮影:板屋雅博(イタさん)
 

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....