イベントインフォevents

イベントレポートreport

夢運び隊リキシャーズがやってきた

24・25日はBourke Street に出没

2018年12月24日 掲載

世界中を人力車を引いて周るグループ 「夢運び隊リキシャーズが、12月23日Princes Park in Carlton で、人力車乗車イベントを開催、現地の子ども達と交流しました。


リキシャーズには大きな目標がある。
2020年に開催される東京オリンピックにて、人力車でパレードを先導すること。
人力車という日本の文化を世界中に知っていただくために、世界の旅を続けている。
You Tube、Facebook などでの広報にも力を入れている。
 次はオーストラリアでのプロモーション用動画。



浅草から運んできた人力車の重量は 100kg。
これを引いて、すでに アジア、ヨーロッパ、オーストラリアの 7000km 以上を走破している。
人力車が健在のインドでは、自前の人力車を持ちこむことができず、現地の同型を使用したとのこと。
また、ヨーロッパでは人力車が故障し、部品の調達に時間がかかり、修理後に超ハイペースでのりきるなどの苦労をしたようだ。



苦労話もあれば、うれしいこともある。
カンボジアのある村で、現地子供達から日本語で話しかけられ、大変親切にされたとのこと。
その村には、昔一人の日本人が親身になって発展に協力し、また子どもたちに日本語を教えてくれたのだという。

リキシャーズが、現地で人力車乗車イベントなどのワークショップを行うようになったのは、この村が最初だそうだ。

今回のイベントでは、写真撮影をしての乗車体験。



しかし、元気な子ども達は、人力車と競争をしたい。



自分で人力車を引いてみたい。


メンバーはそれぞれを「隊長」「まつ」「あつ」「まゆ」と呼び合う。
旅行中の宿は「ホテル」「見知らぬ人の家」「野宿」だが、オーストラリアでは「見知らぬ人の家」で泊めてもらえる場合が多く、人の暖かみを感じました。


本日のもう一つの主催者、スポーツの楽しさを子どもたちにもっともっと知ってもらいたい! 「メルサカアカデミー」によるサッカー。

リキシャーズ「隊長」はサッカー歴15年。
人力車のイベントを終えると、サッカーモードに変身した。

 

リキシャーズは27日まで、メルボルンに滞在する。

24日25日15時~20時には、Bourke Street  にて、人力車のお披露目を行う。

来年の北米大陸はすでにスケジュールされ、その後南米・アフリカ大陸も予定している。

日本の文化・人力車が、東京オリンピックにて、パレードを先導できるよう 、応援・協力をお願いします。

Facebook の「いいね」「シェア'」、You Tube チャンネルの登録なども応援になります。

 

【夢運び隊リキシャーズ】



夢運び隊リキシャーズ公式Facebookページ: https://www.facebook.com/rickshawsXXX/
夢運び隊リキシャーズ公式Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCWaQLNLRc2DjrSXINqKwC_g

メルサカアカデミーWEBサイト:  https://www.melsakaacademy.com
メルサカアカデミー公式Facebookページ: https://www.facebook.com/melbournesoccer/


メルサカアカデミーレッスン動画 (https://youtu.be/hBFuAWqeK3g​)

文・写真: 矢部勝義

 

コメント

関連記事

Myer Christmas Parade

恒例のマイヤー・クリスマス・パレードが盛大に開催された。

最新記事

人探し(28)

 君枝と聡を駅へ送っていく道中、正雄は 「一度、聡さんと二人でオ.....

人探し(27)

 藤沢は、家に帰るなり、君枝に今日の会談について聞かれ、ありのま.....

アクセスランキング

トップ20リストへ

人気の記事