facebook
オーストラリア留学のiae留学ネット

キャリア・学ぶcareer

メルボルンで学ぶstudyabroad

メルボルン大学の歴史的な寮

まさにハリーポッターのホグワーツがここに!!

2009年8月28日掲載

Residential Colleges

at the University of Melbourne


グリフィンドール、スリザリン、レイブンクロー、ハッフルパフ。「ハリー・ポッター」を読んだことがある人は、「もしホグワーツの学生だったら、私はこの寮に入りたい」と誰もが思ったことがあるだろう。

いやいや、これは映画の世界だけの話ではない。メルボルン大学のResidential Collegeは、まさに「ハリー・ポッター」の現代版なのである。

日本の大学の寮というと、古くて安いイメージだが、ここの寮は違う。1年につき1万5千ドル(日本円にして120万円)以上もかかり、入寮するためにはインタビューなど厳正な選考があるのだ。こうして選ばれた生徒たちは、寮でどのような生活をしているのだろうか。

  

ハリー・ポッターの中でも、生徒たちはホグワーツに属している意識より、自分の住む寮に属しているという意識の方が強い。そのように、メルボルン大学のResidential Collegesでも、寮への帰属意識を重要視しているのである。大学が始まるSemester 1の最初の週には、新入生歓迎のため寮をあげて様々な行事が毎日のように催される。また、週2回は正装した上に指定のガウンを羽織ってディナーを食べる「High Table」に全員参加しなければいけない。Ballと呼ばれる盛大なパーティーがあったり、寮のメンバーで劇をやったりと、学生生活をエンジョイできる環境なのである。

   

寮内には日本の生徒会のような組織もあり、総会も開かれる。上級生たちは「シニア」と呼ばれ、下級生から慕われる存在である。行事などに積極的に参加することでポイントを獲得し、次の年はそのポイントの得点により、良い部屋がもらえる制度になっている。

  

寮生でない限り寮での生活を垣間見ることはできないが、寮を見ることはできるのだ。「いったい寮を見たって何が面白い」と思うかもしれないが、Residential Collegesはそれぞれ建物に特徴があり、寮生活をしたいと思わずにはいられない。

   

寮が立ち並ぶ、エリザベス・ストリート(Elizabeth Street)からスワンストン・ストリート(Swanston Street)に向かって、カレッジ・クレセント(College Crescent)を歩いてみた。

全部で8つの寮を見ることができる。

  

その中でも注目なのが、Ormond Collegeである。Ormond Collegeは1881年に創設され、始めは20人もの生徒しかいなかったが、現在は300人以上もの学生が住んでいる大きな寮の1つとなった。その当時を髣髴とさせるのが、寮のメイン・ビルディングである。

 

メルボルン大学を見学の際には、是非とも寮へも足を運んでもらいたい。

関連記事

メルボルン大学

メルボルン大学の学生のキャンパス・ライフを覗いちゃおう!!

Animal Orchestra

メルボルン大の学生御用達、癒しの隠れ家カフェをキャッチ!

最新記事

2016 A Mano Binaco

こんにちは。 Nishです。   最近は、どちらかという.....

アクセスランキング

  1. オーストラリアで天然温泉!
  2. カンタス航空セール!ニュージーランド行き往復$490~
  3. 熱気球でメルボルンの朝焼けツアー
  4. ウルルへ行こう!$20 OFF!
  5. アメリカ・カナダ行き★ニュージーランド航空セール★

トップ20リストへ

人気の記事