キャリア・学ぶcareer

メルボルン・キャリアアップwork

「オーストラリアで就職?!日本で就職?!」

日豪就活支援会(NGSS) ⑤

大学やTAFEなど高等教育機関に通う学生の方はやはりオーストラリアでの就職を一度は考えると思います。しかしながら、ただ漠然と「オーストラリアに住みたい!働きたい!と思っていても、そう簡単に叶う夢ではありません。

日豪就職支援会(NGSS)は基本的に日本で就活を行う方の支援を行っていますが、「オーストラリアでの就職について知りたい!」と言ったお問い合わせや「まずはオーストラリアで就活をがんばってみたい」といった声も少なくありません。過去の記事は日本で就職する方に向けての内容でしたが、今回は少し寄り道して、「オーストラリアの採用に関する情報」をお届けしたいと思います。


オーストラリア就職の概要
オーストラリアでの就職プロセスは日本の採用選考とは大幅に異なります。まず、みなさんに知っていただきたいのが採用市場の現状です。The AgeやSeekなどの求人広告は全体求人の15パーセントでしかなく、求人の64パーセントが「By Word of Mouth(口コミ)」によるものであり、表市場にすら出てきません(2009年時点)。ネットワーキングの作り方、そのネットワークをどう仕事探しに繋げるのかを指導するキャリアセミナーがあるように、オーストラリアでの仕事探しにおいてネットワーキングは不可欠なのです。


ネットワーキング
では「ネットワーク」とは何を指し、どうやって作るのでしょう?そこに決まった答えはありません。大学などで行われる就職セミナーや企業説明会などに足を運び企業の方と話しをする、名刺を頂き連絡を取る、大学の就職課を通じてメンター(Mentor)を探す、家族や友達を通じての紹介、パブでの出会いや彼氏・彼女の親までとりあえず可能性のある人間関係を全て駆使し、広げる人間関係の事なのです。家族や親戚がいない留学生にとっては不利な上、時間をかけ自ら様々な場所に足を運び、ネットワークを広げることが必要になってきます。


Grad Program(新卒採用プログラム)
新卒対象の採用選考プログラムを設けている企業は300社程度といわれており、日本の採用選考と同じくもしくはそれ以上の激戦を勝ち抜く必要があります。大半の企業がエントリー期間を3月~4月中に設けており、同年の8月か翌年の初め入社となります。


インターンシップ(オーストラリア)
大半のインターンシップが夏季休暇(11月~2月)にあわせた約3ヶ月間のプログラムとなります。大手企業インターンシップ獲得は正規採用に劣らずの難関ですが、インターン先から卒業後のポジションのオファーが来る事が多いと聞きます。募集対象学年は企業により様々ですが、応募の大半は6~8月の間に締め切られます。


応募条件とビザ
以上の選考はすべて、永住ビザ(卒業ビザ含まない)を保持している事を前提としています。詳細は各企業の募集要項にて確認が必要ですが、永住ビザがないと就活のステージにさえ立てないと言っても過言ではありません。ビザの条件については各個人でご確認ください。(NGSSではビザに関する質問、サポートには対応しておりません)

      

オーストラリアでの就職は簡単ではありませんが、実際に学校卒業後、永住権を取得し、現地企業で働いている先輩方もいます。自分が生き生きと働ける仕事場を見つける為にもしっかりと自分の現状を把握しておきましょう。

 

その他記事についての感想、質問、ご意見などありましたらお気軽にngss.melb@gmail.comまでご連絡ください。他にも気軽に就職について話ができる交流会やイベントを開催していますのでまずは会員登録をよろしくお願いします☆
*NGSSでは現在運営を手伝っていただける役員を募集中です!一緒にオーストラリアの就活熱を盛り上げていきましょう!
 

関連記事

最新記事

船旅(9)

光江は、「アマンダの連絡先なんて、旅行の申し込み用紙にも書いてあ.....

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

アクセスランキング

  1. あさひ体操教室・メルボルン教室
  2. オーストラリア最南端1日ツアー$105
  3. 人気ツアー会社を比較しちゃう(フィリップ島ペンギンツアー)
  4. 期間限定!Iae特別価格!!!(ビジネス・英語コース
  5. 有名ブランドに就職しませんか?

トップ20リストへ

人気の記事