観光・楽しむentertain

メルボルンを楽しもうmelfun

マリのGO豪ベトナム

ワーキング・ホリデーの後は・・

こんにちは。

GO豪メルボルンのライターMです。

1年間住んだメルボルンですが、常に新たな発見があり、魅力的な人達との出会いがあり、住めば住むほどメルボルンに魅了されて、、、というのは私だけではないはず。

そして、楽しくのんびりという生活を送りながらも、特に考えさせられたのはキャリアについて。

奮闘しながらも、充実した仕事も見つけ、非常に勉強になった1年間。

せっかく会社を辞めて日本を離れたのだから、様々な可能性を模索したい。

キャリアアップしていきたい。その決意は、今後も変わらず。


今私がいるのは、ベトナムの首都ハノイ。縁があって、1ヶ月前に来越しました。

多大な可能性を秘めていて、エネルギーに満ち溢れているこの国に、日々ますます魅了されています。

実はオーストラリアとベトナムの交流は盛んで、メルボルン在住の皆さんにとって馴染みやすい国なのです。

特に、私が住んでいる都市ハノイは、日本人にとって住みやすく、穴場の注目スポットと言えます。

皆さんが知っているかもしれない事も、新たな発見かもしれない事も、お伝えしていきます。
 

 

お勧めポイント

1. メルボルンより直行便が出ている。
(※ベトナム航空)

2. メルボルン同様、四季がある。
(夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく雨が少なく乾燥した天気。冬場の1月は、気温が10度以下になることも!)

 


3. メルボルンで大学留学を考えている人にお勧め!
(RMIT大学の分校がハノイにあるので、オーストラリアよりも遥かに安い費用で、オーストラリアの学位が取得できます。)

4. オーストラリアとのビジネスが盛ん。

5. VISTAという有力新興国として、世界中から注目されている国の1つであるということ。
 

   

また、先月、建都1000年記念を迎えたハノイ。2010年10月1日より10日間、市内では盛大にお祭りが開催されました。この10日間は、街中が盛り上がって、バイクと人で溢れかえり、大変な事になってましたが・・。

今後も引き続き、ベトナムのハノイについてお伝えしていきます。
 

 

コメント

関連記事

メルボルン大学

メルボルン大学の学生のキャンパス・ライフを覗いちゃおう!!

バラクラーバ

アーティスティックで庶民的な街へ、のんびりお散歩。

最新記事

船旅(20)

 ニールは船長はまだ出航したばかりの船の操縦で忙しくしていること.....

船旅(19)

部屋に戻ると、光江はバルコニーに出て、船の周りを見た。外はもうす.....

船旅(18)

「どうしよう、どうしよう」とつぶやきながら、光江は右手を顎に当て.....

船旅(17)

 翌日の午後9時に船は香港を離れ、日本に向かうことになっていた。.....

船旅(16)

ニールが船長に会うと、船長は「リチャードーさんは5時過ぎに来まし.....