Logo for justaustralia

盲目のアボリジニーミュージシャン ジェフリー・グルムル・ユヌピング

今日の音楽コラム「Just Australia」では

盲目のアボリジニーミュージシャンの



Geoffrey Gurrumul Yunupingu

ジェフリー・グルムル・ユヌピング

http://www.myspace.com/gurrumul
http://www.gurrumul.com

 

を紹介します。

 

 

 

 

ユヌピングは元々Yuthu Yindiという世界的に

名の知れたバンドのメンバーで、そのつながり

から、日本でもユヌピングについて知っている

人も多いかもしれません。

 

ユヌピングはオーストラリアの原住民族で

Elcho島出身、そしてYolnguという言葉を

話します。

 

生まれたときから盲目でしたが、楽器の演奏を

好んでいたということで、ドラム、ギター、

キーボード、ディジュリドゥを弾きこなす

多彩なミュージシャン。

 

 

何より注目を集めているのが彼の

 

天使のような透き通った歌声

 

なのです。

 

 

マイスペースやYoutubeなどで聴いてもらえば

納得してもらえると思いますが、とにかく綺麗な

歌声です。

 

コラムの下部にWiyathulという曲のYoutube

ビデオを添付したので、ぜひご覧ください!

 

 

 

彼のほとんどの曲はYolnguで歌われ、生まれ育った

故郷や母なる大地について語っているとか。

 

彼のアルバムに収録される曲は、歌声とギター演奏

のみというシンプルなアレンジですが、そのお陰で

彼の歌声が一層引き立つのです。

 

 

2008年にはデビューアルバムを発売。

 

Gurrumul

http://www.jbhifionline.com.au/music/world-reggae/gurrumul/289387

 

これがオーストラリア国内でダブルプラチナ

レコードを獲得するほどの大ヒットとなり、

2008年度のARIA授賞式で2部門を受賞、そして

全世界で50万枚以上を売り上げる大ヒットと

なりました。

 

 

 

 

そして、先月の415日には待望のセカンドアルバム

 

RRAKALA

http://www.jbhifionline.com.au/music/pop-rock/rrakala/647546

 

をオーストラリアで発売。

 

 

発売開始後にすぐARIAアルバムチャートにて

3位を獲得。

 

今週は14位まで順位を落としましたが、それでも

20位圏内にとどまっています。

 

 

 

 

 

ニューアルバムの他にも注目を集めたのが

Blue King Brownというオーガニックなサウンドで

人気なバンドのボーカル、Natalieとのコラボ曲。



Gathu
Mawula

http://www.youtube.com/watch?v=bdpoWcma4HE

 

Blue King Brownは日本でも結構人気があるので、

BKBファンにはぜひお薦めです!

 

 

 

 

 

ユヌピングはソロ活動だけでなく、

 

Saltwater Band

http://www.myspace.com/saltwatergapu

 

というグループでも活動しています。

 

興味がある方はぜひそちらもチェックしてみてください!

 

 

 

 

Youtubeビデオを見てもらえればわかるのですが、

彼のギター演奏は独特で、右利き用のギターを

そのまま左利きの向きにして、左手人差し指で

弾くようにしてギターを弾きます。

 

今のところ、ライブ予定はないようですが、

そういった演奏の興味深さも含めて、

ユヌピングの天使の歌声をぜひライブで

聴いてみたいものですね!

 

 

それではまた次回コラムで。

 

浅野浩治

コメント

関連記事

Grampions

ゆっくり気ままなメルボルンリポート!

最新記事

カレンダー

<  2019-06  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

プロフィール

メルボルンの音楽会社に6年勤務、そして世界各国でCDをリリースしているパワーポップバンド「The Wellingtons」のギタリストとして活動中の浅野浩治による音楽情報コラム。

記事一覧

マイカテゴリー