Logo for nanchuka

モンゴル発 鍋底スープ 食してみた

かわいい羊のイラストと、リアルな山男の写真がパッケージに並んでいるスープの素。だんだんと冷えこんでくるメルボルン。温かい鍋を囲んでいざ挑戦!

任務その53     
<辛口火鍋の素 火鍋底料 Chafing Dish Compounding>

この羊さんマークを有する「小肥羊」は中国最大の火鍋専門店です。モンゴル産。
外袋には「中国山岳隊の推薦商品・国家良好行為AAAA級企業」などと明記され、なんだかスゴイものを思わせるものがあります。

中には5つの小袋が。
イチゴジュースのような外見の液体、黒豆、巨大アーモンド風。そしてピンクの袋が2つ。

さらに中身を解明していきます。
イチゴ色の液体は味がなく、爪にぬってみるとキラキラと輝くことから、何かの油だと推測。
もう1つのピンクの袋は香辛料たっぷりで秘蔵の粉。山椒のような香りと色。
そしてチリの破片、クミン、豆豉とよばれる黒豆。

これら全てを鍋に入れ、1.5リットルの熱湯を沸き立たせます。
とーても辛そうです。罰ゲーム、地獄谷ーーといったコトバが頭の中をよぎります。
部屋の中はカレー関係の香りですごいことになっています。食欲は絶好調に高まってきます。

海鮮にお肉、野菜に豆腐をたっぷりいれ、しんなりしたら、いただきます!
驚いたことにあまり辛くありません。つけダレがいらないほど、素材に味が染み込んでいます。
60時間ほど煮込んだ、味わい深いスープといったかんじで、最後のラーメンまでペロリ。
次回はおじやに挑戦してみます。

そんなに辛くないのに、全身汗だくになり、食べた後スッキリ。
鍋底スープによって山頂にいるような爽快感を味わい、バーチャルな山登りを体験できるのでありました。

<著:久里類>

 

コメント

以前のコメント

tachi   (2013-05-14 10:09:41)
家庭で食べられるなんて嬉しい
うなぎ   (2013-04-20 13:42:22)
身も心も温まりたい
ippan   (2013-04-18 07:06:53)
面白い~、面白い。チリのきいたおじやはおいしいのかなあ
暁   (2013-04-17 02:47:27)
仕切られているこの鍋ほしい!

関連記事

AUCTION ROOMS

燦々と降り注ぐ自然光の下で、最高の味を堪能。

最新記事

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

船旅(4)

最初のころは物珍しさも手伝って、それほど退屈にも思わなかった船旅.....

カレンダー

<  2020-07  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

この中華食材はどうやって食べるのだろう?何に使うのかな? そんな疑問に体当たりでレポート。 みなさんも不思議に思っている食材がありましたら、どしどし教えてください。 『嬉し、楽し、好味道!』

記事一覧

マイカテゴリー