Logo for nanchuka

しょーがない 生姜湯飲んで みましょーが~

身体を温める食べ物の王様、しょうが。毎日の食生活に取り入れたいのですが、「1キロ当たり35ドル」と身体もフトコロも一気に冷え切ってしまいそうなお値段。インスタントで生姜を摂取できると知って、さっそく挑戦!

任務その59
<生姜湯 姜汁飲料 Ginger Drink>

22グラムの小袋が20コ入り。レトロな箱のデザインにホッとさせられます。
原材料は単純明快、生姜とショ糖ただ2つ。200mlのお湯を注ぐだけ。

 

手間ひまかけず、愛情かけて、生姜湯作りに打ちこみます。
粉はなぜだか半分サラサラ、半分は湿ったきな粉のよう。
ちょっぴりなめてみると、しょうがの飴そっくりのまろやかな味。

プハぁ~、両手でカップを包み込み、温まりますねえ~。
片栗粉を入れて葛湯風に、ゼラチン入れてジンジャーゼリーにと応用可能。

私はこの生姜湯の粉と白菜、粉末チリ、ナンプラー(フィッシュソース)と混ぜ合わせ
気持ちをこめてキムチを作りました。絶妙な味わいに大満足。

ジンジャーティーを飲んだら、舌も身体もジンジンしてきました。
あんまり熱くなりすぎて、思わぬ妄想が頭の中を渦巻いていきます。
「しょうがないなあ~、冷静にね」とアテンド(付添い)してくれる、たくさんの友人や家族は私の大切な宝物。
これからも良い関係を温めていきたいですね。

 

<著:久里類*クリルイ>
 

 

コメント

以前のコメント

すじこ   (2013-05-29 14:41:52)
生姜湯からキムチって大胆!

関連記事

Cafe KAZARI

モダンなカフェで味わう‘和’とは…

Monsieur Truffe

アートな空間でオリジナルのチョコレートをコーヒーと共に

最新記事

カレンダー

<  2019-08  >
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

この中華食材はどうやって食べるのだろう?何に使うのかな? そんな疑問に体当たりでレポート。 みなさんも不思議に思っている食材がありましたら、どしどし教えてください。 『嬉し、楽し、好味道!』

記事一覧

マイカテゴリー