あなたのオーストラリア留学を応援します!
メルボルン シティ マップ

観光・楽しむentertain

子どもと行くメルボルンkodomo_melb

子どもと行くメルボルン @Puffing Billy

もちろん、大人も楽しめます☆

2013年7月5日掲載

スクールホリデー真最中のメルボルン。
という訳で今回はちょっと遠出。
と言っても、シティから車で1時間もかからない所で、自然の中を走る歴史ある機関車に乗れるのは嬉しい。
そう、今回の行き先はビクトリアを代表する観光地、蒸気機関車が走る「Puffing Billy」!

 
 

Puffing Billy駅はシティから東へ約40km。
そこからの行き先は片道約1時間、大きな公園もあるということでLakesideに決定。
Puffing Billyは1900年にオープンした路線で、走る機関車も1900年代初めに造られたものがほとんどという、まさに動く博物館!

  

乗ったら(どちらかというと、お勧めは進行方向に向かって右側)、あとは出発を待つのみ。
写真でよく見るように窓枠から足を出すも良し♪
そうそう、ベビーカー(プラム)は折りたたみ可能なものしか持ち込めないので要注意。

出発したら森林を走り抜け、途中には橋あり、ペット(?)のアルパカ、羊、馬あり。
遮断機前で待つ車の運転手も、線路の横を散歩する人も手を振ってくれ、観光気分が盛り上がる。
Menzies Creek が最初の駅。ここで5分程止まるので写真を撮ったり、売店でコーヒーを買ったり出来る。
そして、次の停車駅Emeraldでも傍の公園で遊んでいた沢山の親子連れが、こちらへ向かって手を振ってくれるのが
また嬉しい。
ちなみに、ここは春と秋に行われるイベントDay Out With Thomasの会場でもある。
 

  

そして、Lakeside駅に到着。(スクールホリデー以外の冬季平日はここが終点。)
駅の横にはEmerald Lake Parkが広がり、プレイグランド、BBQ、ピクニックエリア、カフェなどがあり、この日も多くの人で
賑わっていた。

  

ここの湖では魚釣りをしたり、アクアバイクで遊ぶことができ、冬でも天気の良い日は大人気の様。
また、12月-3月には湖横のプールで水遊びもできる。
駅近くにはEmerald Lake Model Railwayもあり、スケール1:87モデルの中では南半球最大を誇るというミニチュアセットは
線路計2km以上、建物数250、車数450に及ぶそう。
 

 

あっという間に4時間程が過ぎ、最終便に飛び乗り帰途につく。

人気写真スポットMonbulk Creek Trestle Bridgeの写真を撮るなら、左側の席。
この橋はナショナルトラストにも登録されていて、オーストラリアで3番めに多く写真に撮られている橋だとか。
(1番目はシドニーのハーバーブリッジ、2番目はタスマニアのリッチモンドブリッジと言われているそう。)

スクールホリデー中はの今は増便中。
手軽なタイムトリップ、100年前の情緒が味わえる旅。
そして、100年前と同じく煙の煤が目に入るのでサングラス等お忘れなく。

 

Puffing Billy
1 Old Monbulk Road
Belgrave

<料金>
Belgrave -Emerald / Lakeside もしくは Emerald / Lakeside - Gembrook
大人 片道$27.00、往復 $44.00
子ども(4歳-16歳) 片道$13.00、往復 $22.00  *4歳未満(席なし前提)は無料(特別なイベントを除く)
コンセッション 片道$21.50、往復 $35.00
ファミリー(大人2名、子ども4名まで) 往復$89.00
詳しくは→http://www.puffingbilly.com.au/services-fares/

*もし、mykiを買う予定があればPuffing Billyチケット2割引等のクーポンが付いているmyki Visitor Packがおすすめ。

電車:Belgrave駅下車、徒歩5分

駐車場:Puffing Billy駅周辺に無料駐車場有。
詳しくは→http://www.puffingbilly.com.au/plan-your-visit/by-car/parking/

 

Emerald Lake Park

○アクアバイク
15分$13、20分$14、30分$17

○Emerald Lake Model Railway
入館料 大人$6、子ども(1歳-15歳)$4
 

loading Google Map ...

コメント

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. Otaru snow light in the alley
  2. おもとさん世界を駆け巡る(23)
  3. Ice Festival of Shikotsu Lake
  4. 全豪オープン2018
  5. Ski jump photo book.

トップ20リストへ

人気の記事