観光・楽しむentertain

メルボルンを楽しもうmelfun

ロイヤル植物園

都会のオアシスへようこそ!

2008年9月5日掲載

 

Royal Botanic Gardens Melbourne

  

 都会の喧騒を離れて、ロイヤル・ボタニック・ガーデン(Royal Botanic Gardens)で、ゆっくり過ごしてみませんか?

  

 ロイヤル・ボタニック・ガーデンは1846年に2人のディレクターにより造園されました。一人は世界的にも素晴らしい植物学者の一人、19世紀に活躍したBaron Ferdinand von Muellerです。彼は広大な植物配列を発表しています。もう一人は、William Guilfoyleです。彼らはメルボルンに青々と茂った葉の楽園、平穏な湖、広い芝地を造りました。

  

 庭園は36ヘクタールの広大さを誇り、地球上のさまざまな地域から収集された52,000種以上の植物、おおよそ10,000種の植物科目が生息しています。その中でもツバキ類、熱帯雨林の植物群、サボテンなどの多肉多汁植物、バラ類、ハーブ類、多年生植物、ソテツ類、中国南部地方の植物は世界的にも評価を得ています。

  

 〝イアン・ポッター・ファウンデーション・チルドレンズ・ガーデン(The Ian Potter Foundation Children’s Garden)″では、子供を対象に世界の素晴らしい植物の魅力を知ることがきます。

 また庭園内には、黒ハクチョウ(Black Swan)やウナギ、オウム(Cockatoo)などの野生動物の聖域にもなっています。黒ハクチョウは人にも慣れているので、近くに来てくれることもあります。


  

 おすすめはゲートAから入場し、湖沿いを歩いて、ゲートDあるいはEを出るコースです。湖畔にはカフェ〝テラス・ティールーム(The Terrace Tearoom)″もあり、紅茶を楽しむのも素敵です。時間によってはハープの生演奏を聞くができます。また季節によって広大な公園内のあちこちで、さまざまなイベントが催されています。予約や料金が必要なものもあるので、必ず確認してください。また自身で所有する植物で名前が分からないのがあれば、気軽に教えてくれるサービスもしています。

  

 芝生の上を歩いたり、寝そべったり、ピクニックもいいですね。木々の間からシティの高層ビルがチラチラと見えているのに、庭園内は静かで、のんびりしています。ロイヤル・ボタニック・ガーデンは訪れた人々が、オーストラリアの自然の中でリフレッシュできる場所ですよ。

  

The Terrace Tearoom
URL:http://www.terracereception.com.au/
TEL:(03) 9820 9590
営業時間:10月ー3月: AM9:00-PM5:00
     4月ー9月: AM9:45-PM4:00

Royal Botanic Gardens Melbourne
URL:http://www.rbg.vic.gov.au/
住所:Birdwood Avenue, South Yarra, VIC 3141
TEL:(03) 9252 2300
FAX:(03) 9252 2442
開園時間:月ー日 Open AM7:30
         Close 11月~3月 PM8:30、9月・10月 PM6:00、5月~8月 PM5:30

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は