観光・楽しむentertain

メルボルンを楽しもうmelfun

ロイヤル・アーケード

オーストラリア・ナショナル・トラストでもあるアーケードは必見!

2009年6月28日掲載

<

The Royal Arcade

 メルボルンにあるアーケードの中でも最も古いアーケードの一つである“The Royal Arcade(ロイヤル・アーケード)は1870年にオープンした。アーケードのデザインはコンペティションにより、サウス・メルボルン市庁舎(South Melbourne Town Hall)などのデザインも手掛けているチャールズ・ウェブ(Charles Webb)によるデザインを採用し、そのドーム型のアーケードは現在も健在。そのクラシックなデザイン(ルネッサンス様式)は、観光客だけでなくメルボルンの人々にも親しまれている。

 

 バーク・ストリート(Bourke Street)とリトル・コリンズ・ストリート(Little Collins Street)を結んでおり、ロンドンで1708年に建造された建物をモデルに設計され、1869年に着工、1870年に開業している。2002年から2年間にわたる大改造により、洗練されたデザインが際立ち、また歴史を感じさせる重厚感が増した。天井から注がれる優しい太陽光が、アーケードの中を明るい雰囲気にしている。アーケード自体がナショナル・トラストとして指定されているのも納得できる。

 

 アーケードの人気の一つとして挙げられるGaunt's Clock、そして時計の両側に立つ“ゴグ(Gog)”と“マゴグ(Magog)”の二人の巨人がいる。15分ごとに鐘をならして時を知らせてくれる彼らも、アーケードがオープンした当初から、その役割を果たし続けている。

 

 ジュエリーや高級ブティックのお店などももちろんだが、カフェやチョコレート専門店'Koko Black'、マトリョーシカの専門店'Babushkas'、1978年からロイヤル・アーケードで営業をしているユニークなゲームを集めたお店の'The Game Shop'などバラエティに富んでいる。そして魔法や魔術専門店'Spell'はこのロイヤル・アーケードの中でも一番ユニークなお店だと言える。パーティ・グッズのような冗談ではなく、真剣に魔法グッズや魔術に関する商品を取り扱っており、品揃えも豊富。ショー・ウィンドウだけを覗くだけでも一見の価値あり!

 

 シティに出かけるときは、ぜひロイヤル・アーケードにもお立ち寄りを。二人の巨人が出迎えてくれるだけでなく、ヨーロッパの国にいるかのような心地が味わえる、とても落ち着いた雰囲気のアーケードが人々を待っている。


The Royal Arcade
URL:http://www.royalarcade.com.au/
住所:335 Bourke Street, Melbourne VIC 3000
TEL:(03) 9670 7777 (Kliger Wood)

loading Google Map ...

関連記事

RMIT 大学

シティの中にあるRMIT Universityの知られざる歴史

Gog and Magog

ロイヤル・アーケードの守護神、ゴグとマゴグ

最新記事

一と一子(6)

1945年8月15日、やっと戦争が終わった。でも、戦争が終わって.....

どそく

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

アクセスランキング

  1. 一(はじめ)と一子(7)
  2. 一と一子(6)
  3. 一(はじめ)と一子(最終回)
  4. 一(はじめ)と一子(いちこ)(3)
  5. 一(はじめ)と一子(5)

トップ20リストへ

人気の記事