観光・楽しむentertain

メルボルンを楽しもうmelfun

ブライトン・ビーチハウスそのⅡ

ブライトンビーチの名物といえば。

2009年9月3日掲載

Brighton Bathing Boxes

03 September, 2009 @ Middle Brighton Beach

 

ブライトン・ビーチのビーチハウス(Brighton Bathing Boxes)

 ブライトンは、メルボルンシティから南南東へ海岸線沿いに約10kmほどの場所にある地域。現在82軒のビーチハウスがある。
所有、管理、貸出は、ベイサイド市。電力、水の供給は無い。
モーニントン半島(Mornington Peninsula)も含めると全部で1860軒のビーチハウス(Bathing Boxes)がある。

 

 最初のビーチハウスは、1862年にMark Hallowによって建築されたと記録されている。
これは行政当局や土地の所有者の許可を得ないで建てられている。
記録されてはいないが、既にいくつかのビーチハウスが存在していた可能性もある。
このビーチハウスは、商用ではなく、所有者や家族、友人が海辺で楽しむために作られている。

 

 1883年には、ムーラビン市(The Shire of Moorabbin)は、数名の住民に対してモーディアロック(Mordialloc)の海岸にビーチハウスの建築を許可している。
ムーラビン市の記録によると1900年になって、ハンプトン、サンドリンガム、ブラックロック、メントーン(Mentone)、モーディアロックの海岸にビーチハウスの建築許可申請が多数出されている。

 全ての申請に許可が出された訳では無い。
土地の住人ではない申請者、大きすぎる物件などは拒否されている。

 

 1930年代に入ると、増え続ける建築申請やビーチハウスの混雑のため、行政当局によって様々な制限が設けられるようになった。
建築材料や、サイズ、建築方法、強度などだ。
このためどのビーチハウスもほとんど同じようなサイズとなっている。
唯一、制限がなかったのが、色彩だ。
自分のビーチハウスの個性を出そうとして、オーナーは競って独自のカラーリングを施した。

 1960年代に入り、多くのビーチハウスは劣化や老朽化が目立ってきた。
当局は、ビーチハウスの解体と、その後の建築許可の取り消しを決定。
しかし住人や新聞などが反対して結局解体は取りやめとなった。

 

 現在オーナーは当局に対して、$300から$600の税金を払っている。
現在でも多くの市ではビーチハウスのオーナーは、市の住民でなければならない。



Canon EOS 5D MarkⅡ1/125秒  プログラムAE 絞りF16 評価測光 ISO感度 400 AWB 画質圧縮率 CR2 レンズ EF24-70mm f/2.8 USM

関連記事

熱気球

冬のメルボルンの風物詩

最新記事

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. ミリオネア(1)
  2. 塞翁が馬(3)
  3. 塞翁が馬(最終回)
  4. 塞翁が馬(1)
  5. ある雨の夜に(最終回)

トップ20リストへ

人気の記事