イベントインフォevents

イベントレポートreport

Ignite @ Docklands

光と炎と音楽で楽しませてくれる、期間限定のイベント“イグナイト”

2009年6月2日掲載

 

 
Ignite @ Docklands
~光と炎と音楽で楽しませてくれる、期間限定のイベント“イグナイト”~

今年で第2回目を迎えた、イグナイト・アット・ドックランズ(The Ignite @ Docklands)。ウォーターフロントで繰り広げられるパフォーマンスは、光・炎・音と3つの要素で人々に感動を与える冬ならではのイベントである。

  

スプロケット(Sprocket)はまさに動く打楽器。しかも、打楽器は鉄のパイプや車のホイールなどリサイクル資材を用いて作られており、車輪がついており漕ぐことで自由自在に動くことができる。5人のメンバーが聞いたことのない音色を奏でながら、ウォーターフロントシティを練り歩く。これから起こる、イグナイトのショーを予期させるワクワク感を音楽で表現しているようである。そして、極めつけはアクロバティックな技を見せ付けるジロスコープ(the Gyroscope)。今まで打楽器を演奏していたメンバーの2人が、スプロケットから出た紐を体に結び付け、回転し始めた。どんどん速度は上がり、打楽器から奏でられる軽快なビートと共に時速100キロもの速さで回り続ける。スプロケットの回りにできた大きな輪の中にいる観客は、目の前で繰り広げられるパフォーマンスに目が釘付けであった。

 

 スーツ・オブ・ライフ(Suits of Life)と呼ばれる、何千個もの色鮮やかな電球を身に付けたビジネスマン、そしてカードを使った手品を行う大道芸人、鎧を着てパフォーマンスをする2人組など、次のステージまで観客を楽しませるのを忘れない。

次は、大きなスクリーンを使った影絵のショーであるスティックス・アンド・ストーンズ(Sticks and Stones)。カナダ生まれのパフォーマーであるジェフ・アチェム(Jeff Achtem)氏演じるミスター・バンク(Mr. Bunk)を始め、様々なキャラクターが登場し、影絵ならではの絶妙な動きが観客の笑いを誘う。小さい子供から大人まで、世代を超えて楽しめるショーである。

  

船をモチーフにされたステージで行われるのが、“炎のオルガン”であるパイロフォーン・ジャガノート(the Pyrophone Juggernaut)と打楽器のパフォーマンス。「pyro」や炎、「phone」が音、そして「Juggernaut」はインドの神話に出てくる神Krishnaを表し、大きな破壊力を持つものという意味。その名の通り、パイロフォーン・ジャガノートは高さ10メートル、横12メートルという世界最大のオルガン。1オクターブ以上を手で奏でられることができ、炎を空気上に吹き出してパイプの中に熱気を送り込むことで音を出す。スティーブ・ラントン氏(Steve Langton)始めとするパフォーマーが奏でるオルガンのメロディー、そしてパイプを叩くことで生まれるビートとリズムは圧巻である。聴覚だけでなく、火を使ったパフォーマンスにより視覚からでも楽しめる。

  

そして、イグナイトの初日であった5月31日には、音楽のリズムや曲調に合わせて花火が打ち上げられ、冬に見る花火は格別であった。また、ボートにはカラフルなライトが飾り付けられ、イグナイトのオープニングに花を添えた。

  

家族、友達、そして恋人同士でも楽しめるイベントである。イグナイトを見るためにドックランズに来るのも良し。ウォーターフロントシティ(Waterfront City)でのショッピングのついでに見るのも良し。ニュー・キー・ドックランズ(New Quay Docklands)にあるレストランやバーで食事を楽しむ前に足を止めて見るのも良し。シティの夜景を眺めつつ、冬の透き通った夜空の下で期間限定のイグナイトを楽しんでみてはいかがだろうか?

[イベントの様子]



~Ignite @ Docklands~
URL:http://www.thatsmelbourne.com.au/Whatson/ignite/Pages/ignite.aspx
場所:ウォーターフロントシティ内、ドックランズ(Waterfront City, Docklands)
開催期間:6月14日までの木曜日から日曜日、そして8日の祝日(Labor Day public holiday)
時間:Sprocket・・・5時30分、7時40分
   Sticks and Stones・・・6時30分、8時
   the Pyrophone Juggernaut・・・7時、8時30分

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

とらむ

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

アクセスランキング

  1. メルボルン11月のイベント
  2. とらむ
  3. 和歌山食材イベント、Horse Bazaarで開催
  4. メルボルン10月のイベント
  5. 日本語弁論大会ビクトリア州最終選考会2019

トップ20リストへ

人気の記事