イベントインフォevents

イベントレポートreport

佐賀県産の日本酒の魅力を伝えるイベントに多数来場

アットホームな雰囲気で、多種のお酒をテイスティング

2021年4月12日 公開

佐賀県産の日本酒の魅力を伝えるプロモーションイベントが3月26日、St. KildaのレストランLuna's Food & Wine Barにて開催されました。

焼酎のイメージのある九州のなか、佐賀県は米と水にも恵まれ、江戸時代の藩主の奨励により、日本酒に力を入れてきた歴史があります。

佐賀県内には27の蔵元があります。
      参考資料: 佐賀県内の酒蔵マップ

そこから7蔵15種がピックアップされました。
光武酒造宗政酒造幸姫酒造松浦一酒造東長の銘柄を持つ瀬頭酒造万齢小松酒造能古見馬場酒造の7蔵です。

提供するお酒には、英語で簡単な説明を記したラベルが用意されました。
試飲に使用する器は、有田焼の酒器が用意されました。

一見して女性比率高し。
お酒の合間合間には、ソーセージや牛肉のカナッペ、スイーツ、佐賀観光の資料のきれいな風景写真、ビデオに映るお祭りなどでも皆さん楽しんでおり、和気あいあいの雰囲気となっていました。

光武酒造の「北斗の拳」をあしらった前掛けにも、興味津々です。

会場 Luna's Food & Wine Barのオーナー・シェフの Mark Normoyle 氏。
エグゼクティブ・シェフの互助組織であるLES TOQUES BLANCHESの元会長であり、高知柚子や飛騨牛のアンバサダーも務める日本通でもあります。

Mark 氏の手によるカナッペもご用意いただきました。

バリスタの石澤幸樹氏は、黒糖をつかったゼリーの上に白いミルクをそそぎ、その上に抹茶を流し入れるというドリンクを披露してくれました。
きれいに三色に別れ、見た目もセクシーに、というイメージで生み出したものだそうです。
本日のために着物を入手するなど、気合い充分で臨みました。

このドリンクも、お酒試飲の丁度良い箸休めとなってもいるようです。
ほとんどの人が、本日のテイスティング7蔵15種、ずらり並んだ酒瓶の端から端まで、すべてを試飲していました。
皆さん舌鼓を打ちながら、説明に聞き入り、自分の好みを探していました。

これからの、佐賀地酒の飛躍から目を離せません。

主催: 佐賀県
運営: Tryber Pty Ltd

Tryber Pty Ltd は、日本とオーストラリアの架け橋となり、世界に誇れる日本の食べ物・酒・製品・文化をオーストラリアで流通、浸透させるお手伝いをしている会社です。
オーストラリア進出のご相談・お問い合わせは ウェブサイト から。

 

文・写真:矢部勝義

 

コメント

関連記事

最新記事

夫の秘密(5)

「なんで、私があなたの浮気のせいでエイズにかからなきゃいけないわ.....

夫の秘密(4)

探偵が帰って、トムが会社から戻って来るまで、希子の心は乱れに乱れ.....