キャリア・学ぶcareer

メルボルン・キャリアアップwork

ローカルレストランでアルバイト Part2

ローカルの飲食店で働きたい方は必見!Cover letter編

2011年1月10日掲載

前回は、英文履歴書(CV)の作成ポイントについて書きました。
今回はカバーレター(Cover letter)についてです。
カバーレターは、履歴書ではアピールできない自分の意欲、スキルなどを書き、相手に自分を印象付けるのに最適です。
なぜ自分の存在がこの会社にとってプラスになるのかを考え、積極的に自分の個性、スキル、やる気を示して、自分を売り込みましょう。


2.カバーレター作成について

カバーレターはA4サイズの用紙で作成。3-4つのパラグラフで構成し、必ず1枚に収めます。

英文カバーレターを作成する上で、基本的な構成が次の3つです。

1). 履歴書を送付する目的
第一段落に、どの目的で英文履歴書とカバーレターを送ったかを明確に説明します。
どの職務に応募しているのか、どの情報源から求人情報を得たのかは必ず書きましょう。
またその求人情報に興味を持った理由なども明記する。

2). スキル、能力や資格
第二段落、第三段落に自己アピールを書きます。
・応募する企業とポジションに対する興味
・なぜこのポジションに適しているのか
・能力・スキル・経験・業績等が志望するポジションにどう活かせるのか
・企業側が採用する利点
・もし応募する企業についてリサーチ済みならば、その内容について軽く触れる
希望職務に活かせる資格、スキル、経験、実績などを会社側にプラスになる存在だと分かるように書きましょう。

3). 結びの部分
第4段落でカバーレターと英文履歴書を読むために時間を費やしてくれたことに対するお礼や、インタビューを心待ちにしている旨を書きます。
 

[Cover letterの例]


                      Date: 17th, December, 2010
 

GO GO MELBOURNE (自分の名前)
Add :  Level 5, 258 Little Bourke Street, VIC 3166, Australia  
Mobile number: 03-9639-5051
Email : info@tryber.com.au

XXX Restaurant
Human Resource Manager 
Federation Square,
Melbourne
VIC 3166


Subject: Waitress at xxx restaurant

Dear Human Resource Manager, 

Please accept this letter and the accompanying resume as my application for waiter position at XXX Restaurant as advertised on Seek. I feel well suited to this role having acquired over three years experience as a Waitress within the hospitality industry in Melbourne, Vancouver and Tokyo.

Presently I work at the very busy restaurant XXX in St.Kilda.
Due to my passion for the customer service and knowledge about foods, I have been working at XXX as a waitress within a fast moving and high pressure environment, delivering high level hospitality and customer services, ensuring smooth operations and customer satisfaction at all times.

My experience of working at different countries such as Japan, Canada and Australia help me a lot to adjust myself to the new environment quickly. I have learnt that it is always important to work with Can-Do Attitude. I will bring this work ethic and dedication to your restaurant.

I look forward to hearing from you and possibly interviewing with you so we can talk about more about my experiences. 

*My references (Jhon Smith, Manager, XXX) will tell you that I am a good fit to this position. Telephone number: 1111-2222 ⑩


Sincerely,
GO GO MELBOURNE 
 


日付は右上に。
自分の連絡先
送付先の情報
タイトルには、応募する仕事のポジション
担当者の名前:担当者の名前を分かってる場合、は、Mr. / Ms.という敬称を付けて、名前を書きます。担当者の名前が分からない場合は、「Director of Personnel」や「Human Resources Manager」など一般的なタイトルを使うことも可能です。)
イントロダクション:履歴書を送付する目的
⑦ ⑧ 本文:自己アピール
 結び:採用面接の希望を伝える。
 リファレンス:前の職場の上司など、自分の仕事ぶりを評価してくれている人や、応募しているポジションに自分のことを推薦してくれる人の情報を明記する。あればより良いが、なくても問題なし。私も最初はメルボルンに知っている人がいなかったので、リファレンスは明記していませんでしたが、あまり関係なかった気がします。

ネットで“Cover letter”“Sample”などと検索すると、沢山のカバーレター参考例が出てきますので、色々参考にしてみて下さい。


次回は、仕事の探し方について書きます。 ☆Part3: 仕事の探し方編はこちら

関連記事

最新記事

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. 現役の留学生、もしくは元留学生に留学の体験談を聞こう!
  2. 有名ブランドに就職しませんか?
  3. 留学フェアの無料セミナーの紹介
  4. スタバのギフトカードがもらえる!
  5. iae留学フェアに行っていっぱいもらおう!

トップ20リストへ

人気の記事