Logo for bishuwine

2016 Mad Fish ‘Gold Turtle’ Cabernet Sauvignon Merlot

こんにちは。
Nishです。

 

ソムリエにとって一番大事な道具はやっぱりソムリエ・ナイフですね。

私はもう十年以上も同じブランドのもの(フランスのラギオール製)を使っています。

以前勤めていたシドニーの某レストランでは一日30本以上もワインを開けていました。その為か大事に使っていても2年に1本の割合でソムリエ・ナイフを壊してしまいました。特にスクリューの部分。

それをまとめてラギオール社に送ったところ、新しいものと交換してくれるという保証付きなのです。おかげで今、家には2本+また壊れたナイフ2本。

 

さて、ワイン。

私が住んでいる家近くの某ボトルショップの品揃えはいたって普通。なので、急にワインが飲みたいという時以外はあまり行かない。でもその急な場面って、実はよくやってくる! そんな時は良心的価格のブレンド・ワイン。特にカベルネ・ソーヴィニョンとメルロのブレンドは優しい味わいに仕上がっているので料理にも合わせやすい。そしてお財布事情も含めて家飲みのワインには都合がいいのです。

 

2016 Mad Fish ‘Gold Turtle’ Cabernet Sauvignon Merlot

WAのマーガレット・リヴァーと言えば、有名なワイン産地の一つですね。海、ワイン、ビール、鹿肉、淡水のクレイフィッシュ…、そして最近ではトリュフも。とってもグルメなワイン産地なのです。もちろん高級ワイン沢山ありますが、こんなお手頃価格のワインだって美味しいですよ。

カシス、ブラックベリー、コリアンダー・シード、ドライ・オレガノ、ベイリーフ、ローストした肉の香り群。口に含むと滑らかな質感で適度な果実の凝縮感、そしてイキイキとした酸味が好印象です。タンニンも柔らかく余韻も心地よい。

テイク・アウェイで”Lamb Souvlaki”に決まりですね。

 

そして今日はもう一本。こちらは義父から頂いた貴重な日本ワイン。

2013 Kido Wine Premium Merlot

長野県塩尻の城戸ワインは日本でのメルロの可能性を極めたワイナリーの一つ。

ダークチェリー、イチジクのコンポート、なめし皮、エスプレッソ、鉄っぽいミネラル感、深みのある香り。

しなやかな果実味に、品のあるスパイスと緻密なミネラルが融合しているよう。余韻の滑らかなタンニンも素晴らしい。贅肉のない均整の取れたシェイプには魅了されます。

料理に合わせるなら鹿肉! 

“Seared Venison Fillet with Cabbage & Beetroot Purée”

 

Bon appétit 

コメント

関連記事

AUCTION ROOMS

燦々と降り注ぐ自然光の下で、最高の味を堪能。

昇家 Shoya

2010年日本人が選ぶBESTカフェ&レストランランキング第7位

最新記事

船旅(3)

船長のピーター・マクミランが皆がそろったところで、自己紹介をして.....

船旅(2)

 乗船する当日、外から眺めた豪華客船は、その大きさと輝くような白.....

船旅(1)

 光江はオーストラリア人のニールと結婚して30年になる。その間、.....