Logo for bishuwine

2015 Alkimi "The Good Earth" Syrah

こんにちは。
Nishです。

最近のレストランのキッチンって、変化してきた?

 

そのお店の料理を味わって、自分の舌だけでなく、五官の全てを動員させてお客さんを喜ばさせようとしているよう。

 

例えば、シェフズ・テーブル。

お客さんは目の前でシェフが調理する様を見ることができ、そのシェフからサーブしてもらい、そして直接料理の説明を受けることができます。

ウェイターの説明の仕方と違って、ちょっと特別感があっていいい。

そしてときどき、あまりにも料理の説明を上手にするシェフに遭遇したりする。ウェイターの出る幕がない⁉

そんなお店の料理とワイン、そしてサービスを体験してほしいな。

 

ちなみにメルボルンでシェフズ・テーブルのあるお薦めレストランは、ずばり”Amaru”(Armadale)、”Lume”(South Melbourne)。

 

今回のワイン

2015 Alkimi "The Good Earth" Syrah



今回のこのワインはヤラ・ヴァレー産のシラー(シラーズ)。ヤラ・ヴァレーは、ピノ・ノワールやシャルドネのイメージが強いかもしれません。でも是非このシラー試してみて。バロッサ・ヴァレー(SA)などのビッグなシラーズとは全然違う印象を受けるはず。

鉱物感が強く、透明感があって、鋭角なニュアンス。ザクロ、チェリー、スマック、丁子、ナツメグの香りが印象的です。
果実味は充分に広がりをみせているけれど、中心部に揺らぎない芯が通っていて、雑味が無く洗練された味わいを形成しています。


マッチングの料理:料理本"Wild Weed Pie" by Janni Kyritsisから"Roast Squab with Heart & Liver Cabbage Rolls"

Bon Appetit! 

 

コメント

関連記事

VINEYARD

純粋に『夢』を持ち続けるシェフ Roland Bernabe

最新記事

べんとー

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

カレンダー

<  2020-02  >
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

毎回、お薦めのワイン(ビール、日本酒も含む)を紹介し、それに合う料理の提案、たまにはワインの豆知識をつづるコラム。

記事一覧

マイカテゴリー