観光・楽しむentertain

子どもと行くメルボルンkodomo_melb

子どもと行くメルボルン @Bunnings Warehouse

父の日間近!無料ワークショップへ☆

2014年8月29日掲載

メルボルンにしては珍しく、暖かい8月末。
だが、まだまだ油断は禁物。これから、また冬に逆戻りの可能性も十分有りそう。
と、いう訳で冬の天気の悪い週末にお世話になり、これからもお世話になりそう、且つ今週末には
父の日(9月7日)向けのプレゼントも作ることができる「Bunnings Warehouse」 が今回の行き先!

 
 

通称Bunnings、と言えば様々な道具、部品などが揃う倉庫のようなお店。
だが、それだけではなく毎週末には子ども向け、大人向けのワークショップを開催している。
時間、作るものは店舗によって異なり、サイトで見た内容と異なることもしばしば。

この日は植木鉢に色塗り。
予想以上に立派な植木鉢で、それでも無料というのに驚く。
緑のエプロンを着けてもらい、フレンドリーな係の人とおしゃべりしながら子ども達は作業を進めていく。

   
 

また、別の回では紙皿、フェルト、パイプクリーナー等を使っての顔や動物作り。
他にもモザイクや簡単な木工作業など。
今週末は、父の日向けに道具入れ、写真立てを予定している店舗が多くみられる。

サイトによると、参加するには事前予約、対象年齢は5歳以上となっているが、実際見ていると
係の人に訊いて保護者がサインをすれば、ふらっと立ち寄っても5歳未満でもOKのよう。

        
 

これまで2店舗のワークショップに参加したが、どちらもプレイグランド/カフェの傍で行われていて、
子どもも親もリラックスした雰囲気。
他にも、(店舗によって異なるが)フェイスペインティング、チャリティ団体によるBBQ、ジャンピングキャッスル、
バルーンアートなどが入口で行われていて、あっという間に1、2時間は過ぎていく。

       
 

また、父の日直前の9月4日(木)6pm-8pmにもほとんどの店舗で「Father's Day Family Night」が
予定され、父の日用のプレゼント・カード作りや家族向けアクティビティが準備されるよう。
 

最後に歴史を少し。
1886年にロンドンからパースに移住したBunning兄弟がおこしたのが始まり、とかなり古い。
1994年には現在Coles等の親会社であるWesfarmersに買収され、本社はメルボルン。
2011年現在で280店舗を越え、現在ビクトリア州内だけでも58店舗にのぼる。

 

春に向けてガーデニング道具を探すもよし、父の日向けに工具を探すもよしのBunnings Warehouse。
そのついでに、ぜひワークショップをのぞいてみては。

ワークショップについて、詳しくは→http://www.bunnings.com.au/our-services/in-store/kids-activities

コメント

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....