観光・楽しむentertain

メルボルンを楽しもうmelfun

冬のフィッツロイガーデン

冬の凛とした空気の中。広いフィッツロイガーデンを散策する!!

2009年7月16日掲載

Fitzroy Garden in Winter

 

2009年7月16日(木)
冬の公園 
フィッツロイガーデン Fitzroy Garden




フィッツロイ・ガーデンは、メルボルンの数ある公園の中では、ロイヤル植物園と並んで特別の立場にある。
英国の国旗ユニオンジャックをモデルとして作られている。
上空から撮った写真では、そのことがほのかに判る。

航空写真(メルボルン市)



 メルボルンの最初の総督チャールズ・ラトローブがメルボルンのシティ周辺に公園の場所を確保している。
チャールズ・ラトローブは1801年に生まれてロンドンで育った。
当時のロンドンは、産業革命が進み、多くの低賃金労働者がロンドンへ集中して住居環境は非常に悪かった。
ラトローブは、スイスに留学している頃、ヨーロッパアルプスなど数多くの山々を踏破した登山家だ。
自然を愛したラトローブらしくメルボルンの総督になって最初に実施したのが公園用地の確保だ。
必ずしも有能な総督ではなかったと云われているが、自然と学問を愛したラトローブ総督が残した功績はメルボルンにとっては数えきれない。



オーストラリアの国旗の左側には、英国国旗が燦然と輝いている。オーストラリアは、英国連邦の主要な一員であることを明確に示している。
英国の国旗ユニオンジャック(Union Jack)は、スコットランドのSt. Andrew's Cross、アイルランドのSt. Patrick's Cross、イングランドのSt.George Crossの3つの十字架(Cross)を組み合わせて出来ている。
メルボルンが始まる1835年の34年前、1801年に制定された。

英国の国旗ユニオンジャック

スコットランドのSt Andrew's Cross

アイルランドのSt Patrick's Cross

イングランドのSt George Cross




 ロイヤル植物園と同様に英国、ヨーロッパの植物、オーストラリア国内、アジアの植物を集めて作られた公園内部は、春夏秋冬を通して楽しめる。
特に冬場は、静かな公園であり、のんびりと散策を楽しむには広すぎるほどだ。
クック船長の小屋の近くにパビリオンカフェThe Pavilionがある。

フィッツロイガーデン


Canon EOS 40D マニュアル露出 シャッター速度1/125秒  絞りF9.0 評価測光 ISO感度 1250 太陽光 画質圧縮率 RAW  レンズ EF-s17-85 f/4-5.6L IS USM

loading Google Map ...

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....

墓巡り(2)

矢継ぎ早に聞く私に、フィオーナさんは、落ち着いた声で答えた。 「.....

アクセスランキング

  1. 墓巡り(3)
  2. 墓巡り(2)
  3. ミリオネア(3)
  4. ミリオネア(最終回)
  5. 墓場の散策(1)

トップ20リストへ

人気の記事