観光・楽しむentertain

メルボルンを楽しもうmelfun

メルボルン動物園

世界の野生動物の宝庫!ゾウの赤ちゃんにも会える☆

 

 2010年12月3日掲載 

 

Melbourne Zoo  *園内の様子は2008年のものです。予めご了承下さい。

  

Cityから車で約10分にある〝Melbourne Zoo”に行ってみましょう。電車ならUpfield線Royal Park駅、トラムは55番stop 26下車と、とても交通の便が良い場所にあるので、気軽に行くことができるのも魅力的です。

  

数多くの動物が暮らしている〝Melbourne Zoo”は、世界の野生動物の窓といえるでしょう。とても珍しい種類の動物もたくさんいます。もちろんカンガルーやコアラ、カモノハシといったオーストラリア固有の動物もいますよ。


個々に檻がある動物もいますが、たとえばキリンとシマウマは同じ囲いの中で暮らすなどの工夫がされています。クジャクは放し飼いされており、次の動物を見に行こうとすると、人間と同じ道を前から悠々と歩いてくるかもしれません。

  

おすすめは〝トレイル・オブ・ザ・エレファント(Trail of the Elephants)”。このコースは森の中にあるタイの田舎の村を模しているので、突然別世界に来たような感覚になります。ゾウに会う前に、まずタイガーに会えますよ。ガラス張りのすぐ近くを歩いています。迫力がとても凄いので、少し退いてしまうかもしれません。

   

ここで暮らしているゾウは耳が小さいアジアゾウです。ゆったりとした、マイペースに暮らすゾウたちに会ってくださいね。運が良ければ飼育員がゾウを誘導するところが見られるかもしれません。調教されているので、ゾウが足を上げるパフォーマンスが見られます。

話題のゾウの赤ちゃんにも11AMから会えますよ。 ゾウの赤ちゃんの様子は こちら

  

ゾウを見た後は、現地語で〝森の人”を意味するオランウータンに会えます。ガラスの向こう側直ぐのところに座り込んでいる姿や、遊ぶ姿は本当に人間そっくりです。それぞれのオランウータンに名前が付けられており、呼びかけたら振り返ってくれるかもしれません。また子供のオランウータンが戯れる姿は本当に可愛いですよ。

  

そのほかにも世界の昆虫や蝶を集めた〝ワールド・オブ・バグズ・アンド・バタフライ(World of Bugs & Butterflies)、鳥類の飼育がされている〝グレート・フライト・エイヴィアリー(Great Flight Aviary)、爬虫類やカエルを紹介している〝レプタイル・アンド・フロッグ(Reptiles & Frogs)もあります。開門している時間が決まっているため、必ず下記の時間を確認してください。

また指定の時間には特定の動物の飼育員に会う機会が設けられており、動物たちの興味深い話を聞くことができます。タイミングが良ければ、目の前に動物を連れてきてくれるかもしれません。スケジュールは こちら

  

Melbourne Zoo*2010年12月更新
URL:http://www.zoo.org.au/MelbourneZoo
住所:Elliott Avenue, Parkville, VIC 3052
TEL:(03) 9285 9300
営業時間:月ー日 9:00AM-5:00PM
入場料金:大人 $24.80  子供(4歳以上16歳未満)$12.40  4歳以下は無料
     家族割引(大人2人、子供2人)$56.80
     学生割引(16歳以上)$19.20


Special Opening Times
・Trail of the Elephants: 9:30AM-4:30PM
・World of Bugs & Butterflies: 9:30AM-4:30PM
・Great Flight Aviary: 9:15AM-5:00PM
・Reptiles & Frogs: 9:30AM-4:30PM
・Carousel (weekends, public holidays and school holidays) 11.30AM–2.00PM

 

関連記事

最新記事

墓巡り(4)

ある日朝なかなか起きてこない父親の部屋に行って、まだベッドに横た.....