イベントインフォevents

イベントレポートreport

Aural Vampire メルボルン公演

摩訶不思議!クセになりそな吸血鬼

2009年4月20日掲載

 

Aural Vampireメルボルン公演 418日 
@The East Brunswick Club 

 

吸血鬼EXO-CHIKAに黒マスクDJRAVEMAN、歌謡インダストリアルパフォーマンスユニット、Aural Vampireのメルボルン公演がThe East Brunswick Clubで行われた。今回のオーストラリアツアーには、サイバーゴス界で大人気のDJ SISEN、ゴスロリファッションに身を包んだ何とも妖艶なGPKISMも参加。

 

East Brunswick Clubは、日本のとある秋葉原のライヴハウスと化していた。大胆なピアッシングにハイソールブーツの若者、メイド服でぬいぐるみを抱えるロリータ…、サブカル系ファッションをした約200人の観客で会場はごったがえしており、何とも奇妙な雰囲気だった。

 

午後11時過ぎAural Vampireのステージがスタート。お尻まである長い金髪に、セクシーな黒のロリータファッションをしたEXO-CHIKAが登場すると、会場の熱気は一気に頂点に達した。ドン、ドン、ドン、ドン…と4つ打ちのトランスに昭和歌謡がミックスされたキャッチーなメロディは、本能的に興奮し中毒性を感じる。観客は思い思いに踊り狂い、それに酔いしれる。

ステージ中央のスクリーンに映し出されたアニメーションにRAVEMANDJ、こぶしがきいたEXO-CHIKAの小悪魔チックな歌い方と歌声は見事に融合していた。曲ごとに色々な‘小物’を使いながら遊びを入れ、観客を全く飽きさせない演出。そしてMCでは日本語、時折英語を挟みジョークも交え観客の笑いを誘う…。約1時間、その完璧なステージパフォーマンスには華があり、異次元の世界に引き込まれ、魅了された。

 

ライヴを終えたアーティスト達はファンとともに写真を撮り、引っ切りなしのサイン攻めに遭う。そんな姿を眺めていると、アンダーグラウンドながらオーストラリアにもこのようなサブカルシーン、おたく文化が存在するのだとまじまじと感じ、とても興味深かった。


関連記事

最新記事

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....