イベントインフォevents

イベントレポートreport

Madman National Cosplay Championship

マッドマン主催の全国コスプレ大会が開催された。

2009年11月23日掲載

曇り後雨の生憎の天候。しかも夕方からは雷を伴った激しい雨となった本日、メルボルンのアルバートパーク、シーベルホテルで、マッドマン主催の全国コスプレ大会が開催された。地元ビクトリア州、ニューサウスウェールス州、クインズランド州、南オーストラリア州、西オーストラリア州の5州の予選を勝ち上がった各州の代表が、全国大会優勝を賭けて決戦を戦った。

ビクトリア州代表 Nicole Collis
Princess Kraehe(プリンセス・クレール)
Princess Tutu(プリンセス・チュチュ)
3位入賞。

クインズランド代表 4位入賞
Robyn Murphy
Kos-Mos (コスモス)
Xeno.Saga The Animation(ゼノサーガ シリーズ)

ゼノサーガは、プレイステーション用のSFソフト。The Animationは、そのテレビ用のアニメ。コスモスは、主要なキャラクター。

バンダイナムコ公式Web コスモス http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/xenosaga3/character/kosmos.php

『私は人間ではありませんただの兵器です。』

優勝したNSW州代表
Christie Lee
Alice (アリス)
Pandora Hearts(パンドラハーツ)

クリスティー・リーさんは、日本語がうまく、アリスを演じながら日本語で実演。観客にはほとんど日本人はいないながらも、多くのオージーは、日本語が理解できる模様。日本語で『がんばって』などの掛声がかかった。パンドラハーツは、望月淳による現在も連載中のマンガ作品。アリス(血染めの黒うさぎ) は、物語のヒロイン。

優勝者には、東京で開かれるアニメフェスティバルへの往復航空券などが副賞として贈られる。

パンドラハーツ公式Web http://www.tbs.co.jp/anime/ph/

Gファンストーリーズ http://www.square-enix.co.jp/magazine/gfantasy/story/pandora/

コスプレ大会の冒頭に挨拶したメルボルン日本領事館の伊坂剛広報文化センター所長。

いまや日本文化の代表するキャラクターとなったアニメについて日本政府を代表して語る。アメリカでは、今年、アニメが米国の伝統的なマンガであるコミックを数量・金額で抜いたと解説。(JETROの数字による。)伊坂氏自身も秋葉原には良く通ったと伝えると会場はどっと沸いた。コスプレファンにとって、秋葉原は、聖地と化している。

南豪州代表 5位入賞
Jenita Naipal
Laputa Robot
Laputa, Castle in the sky (天空の城 ラピュタ)


一般的なコスプレの概念とは違い、ジェニタさんは、大型ロボットという難しい課題に挑戦。ロボットのコスチュームを着用するのに約10分から20分がかかる。また移動がほとんど出来ない。ご両親の助けを借りて着用する。制作は、父親の助けを借りながら自作したもの。

天空の城ラピュタは、スタジオジブリ制作の長編アニメーション。1986年度の作品。
宮崎駿監督。

今回のコスプレ全国大会を主催しているマッドマンは、メルボルンのコリンウッドに本社を置くアニメの輸入販売会社。Tim Andersonによって10年ほど前に設立された。日本のアニメ『エヴァンゲリオン』の輸入によって莫大な利益を獲得。その後、急速に拡大した。初期の頃は、日本のアニメの輸入販売に特化。マンガの輸入販売にも大きなシェアを持つ。現在では欧米からの映画の輸入も手掛けているが、日本のマンガが主力であることには変わりはない。特に宮崎駿の作品には力を入れている。

マッドマン公式Web http://www.madman.com.au/actions/channel.do?method=view

ティム・アンダーソンは、最初のコスプレは、徳川家康の隠密作戦部隊(Crack Commando Unit)だと説く。変装したものは、Cats, Pocky Boxes, Lolli-goths, Bishonen Boysなど。

新世紀エヴァンゲリオンは、1995年からテレビ東京で放映されたテレビアニメ。
原作:ガイナックス
監督:廣野秀明

エヴァンゲリオンとは、人類の撲滅を図る『使徒』を破壊するために作られた汎用人型マシンのこと。そのパイロットには、14歳の少年・少女が選ばれた。使徒は、聖書に出てくる天使をベースにして名前が付けられている。キリスト教になじみが深いオーストラリアで爆発的に受けたのは、宗教的な背景があったからかもしれない。聖書をベースとした小説は、欧米では数多いが、マンガやコミックではほとんど無い。

日本のマンガやアニメには、宗教上、倫理上の制約はまったくないと言ってよい。SFを駆使して時間の制約もなく、西洋、東洋、夢想の国々をベースに優れた原案を制作している。マンガやアニメの原画制作技術も世界で最も進んでいる。日本では、マンガ、アニメはビジネス的に厳しい時代を迎えているが、日本のポップカルチャーとしてのマンガ・アニメが持つ力はまだまだオーストラリアでは十分なパワーを持っている。欧米では優れた原作があってもアニメ化の技術がない。中国などは、集約労働力によってアニメの制作技術は進んでいるが、まだ原作を書く段階には至っていない。当分、日本の独壇場が続く。

Supanova http://www.supanova.com.au/

日本の場合、大きな問題点が指摘される。それは知的財産保護が不十分な点。多くの作品で、特に諸外国での知的財産保護の設定が遅れている。マッドマンなどの諸外国企業は、その点を利用したビジネスを行っている。優れた日本の作品の著作権を、自社が購入、代行することによりオーストラリアでの大きな権益を確保している。

関連記事

Ignite @ Docklands

光と炎と音楽で楽しませてくれる、期間限定のイベント“イグナイト”

最新記事

ミリオネア(2)

宝くじなどに当たって一躍億万長者になった人が5年以内に経済破綻を.....

ミリオネア(1)

木村咲子は、オンラインの銀行の預金高を見て、思わず「やったあ!」.....

アクセスランキング

  1. メルボルン10月のイベント
  2. 日本語弁論大会ビクトリア州最終選考会2019
  3. ラグビーワールドカップ開催にあたり「Izakaya」開催!
  4. アニマガ2019開催
  5. Animaga Expo 2019

トップ20リストへ

人気の記事