イベントインフォevents

イベントレポートreport

海の京都、お茶の京都、魅惑の蟹ツアーを初紹介

丹後半島へ蟹を食べに行きませんか

2021年4月12日 公開

3月19日、京都のより深い観光、その魅力を伝えるプロモーションイベントが開催されました。

主催は京都府と、日本とオーストラリアの架け橋となり、世界に誇れる日本の食べ物・酒・製品・文化をオーストラリアで流通、浸透させるお手伝いをしている会社 Tryber Pty Ltd
京都府観光室京都府観光連盟京都府北部地域連携都市圏振興社など多拠点とオンラインで結び、1時間 X 2セッションのイベントの模様を中継しました。

会場となったのは、コマーシャルキッチンを備える RW Marketing です。

京都は日本の観光地でも知名度抜群の土地です。
一方、近年、もう一つの京都として京都市内ではない「海の京都」「森の京都」「お茶の京都」「竹の里・乙訓」への観光に力を入れています。

会場では、京都を訪問した人はかなりの割合にのぼりました。
抹茶・ほうじ茶のプレゼントもあり、観光資料のブースは人気の的でした。

メルボルン表千家の会による、お茶会が披露されました。

日本三大銘茶の一つに揚げられる京都・宇治の茶
シドニー在住の日本茶オンラインショップ Maccha Maccha さんが、プレゼンテーションを行いました。
抹茶はもはや Green Tea でなく、Maccha で通用しますが、例えばほうじ茶もだんだん知られてきているとのことです。
目の前に実物サンプルをおいて、説得力のあるプレゼンが展開されました。

メルボルンで、インバウンド、日本へのアウトバウンド両方をこなす旅行会社 ACT Japan Travel Pty Ltd 代表の山口芳樹氏が「京都丹後半島」へのツアーのプレゼンテーションを行いました。
海の京都」への蟹ツアーは、コロナ禍が静まった時になりますが、本イベントで問い合わせが多く、今後に期待が持てました。

京都丹後半島発表資料より

 

その後オンライン越しで丹後半島伊根舟町舟屋の模様が、生中継で紹介され、来場者の興味を引いていました。

日本酒は酒どころ伏見齊藤酒造英勲 しぼりたて生原酒が選ばれました。

宇治の抹茶、ほうじ茶を使用してカナッペを創作していただいたのは、メルボルンの郊外 Bayswater で160席を擁する大型カフェ、THE HATTER & THE HARE のシェフたち。

歓談の間も、オンラインミーティングでは、個別に京都観光についての相談、質疑応答、情報交換が行われていました。

バリスタの石澤幸樹氏は、ラテと抹茶ラテと、もう一つのドリンクを披露してくれました。
黒糖をつかったゼリーの上に白いミルクをそそぎ、その上に抹茶を流し入れるというもの。
本日のために考案したものだそうです。
きれいに三色に別れ、見た目もセクシーに、というイメージで生み出したものだそうです。

人気の観光地「京都」。
オーストラリアの皆さんがより深く京都を知り、より深く京都を好きになってくれることを期待しています。

主催: 京都府
運営: Tryber Pty Ltd

Tryber Pty Ltd は、日本とオーストラリアの架け橋となり、世界に誇れる日本の食べ物・酒・製品・文化をオーストラリアで流通、浸透させるお手伝いをしている会社です。
オーストラリア進出のご相談・お問い合わせは ウェブサイト から。

 

文・写真:矢部勝義

 

コメント

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. 【告知】日本酒試飲会@ Carnegie Cellarsは 11月26日(金)に開催日が決定しました。

トップ20リストへ

人気の記事