インタビューinterview

キャリア・学ぶcareer

「なでしこ」カメラマン sHue :)、メルボルンを卒業します

「25までに日本でプロのカメラマンになる!」

2012年5月15日掲載

 

 

去年の11月から「今週のNamato Nadeshiko」を中心に、F1やレストラン・レビュー、インタビュー記事、広告企画などで、GO豪&JIMを魅力ある写真で飾ってくれた「ふぉとぽえまー sHue :)」くんが、5月14日、メルボルンを発って日本へ帰国しました。


「かばん持ちでもいいから『なでしこ』の撮影隊に入れてください!」と、熱心にアプローチしてくれたアマチュア・カメラマン、たったの半年でGO豪の一番人気コーナーをすっかり自分のものに。


もともとの写真のセンスに、どんなことにもチャレンジするやる気と、新しいことを学ぼうという姿勢、挨拶やコミュニケーションがしっかりできる真摯さ。


そんな持ち前のいいところをバネに、GO豪という場をジャンプ台にして、カメラマンとしての力と自信をぐんぐん上昇させた彼。
日本へ帰って、プロのフリー・カメラマンを目指します。


GO豪編集部からエールの気持ちをこめて、sHue :)君の人となりを伝えます。

 

 

---写真はいつから?
 

「撮り始めたのは19のときから。
友達でカメラマンになりたいやつがいて、カメラぶらさげてるの、かっこいい、モテるんじゃないか、って。
写真も、詩も、服屋で働いたのも、全部、女の子にモテたいからです 笑  でも全然モテてないです 笑」

「今、プロになりたいのは、もっと上を目指したいから。
女の子を撮って、僕だけにできることを」
 

「服屋で働いていたので、その時から雑誌のファッションスナップとか好きでした。
名古屋で、モデルさん使って作品っぽい写真展とかやっていました」


「出身は滋賀。田んぼがいっぱいあるのどかなところ。そのせいか僕、視力がすごいんです。2.5。カメラマンとしては適してる 笑」


 

---オーストラリアに来たのは?


「2つ目標がありました。
海外で撮りたい、っていうことと、海外で写真展をやりたいってこと」
 

「写真展は、最初語学を勉強してたアデレードですぐに実現してしまって。
そのあとお金貯めるためにファームに行ったんですが、オーナーが日本人嫌いなヤツ。
夜逃げしてそのままメルボルンに来ました。
でも思えばやなヤツだったおかげで、メルボルンに来れた」

「メルボルンはワーホリの日本人いっぱいいるけど、ダラダラしてる人が多いなと。僕も最初はそうだった」

「ジャパレスでバイトしてるだけじゃ、ただバイトしてるのが海外なだけじゃんって」
 

「英語やるのは、自分にはナンセンスだな、って気がついた。1年やそこらいて、そんなにできるようになるわけない」

 


---去年の11月に「『なでしこ』の撮影隊、荷物持ち等、何でもします」って、GO豪にメールを送ってきてくれたんだよね。
 

「『なでしこ』見て、これだ! と思って、その日のうちにメールしました。僕は20人ちょっと撮った『なでしこ』、半年の僕の成長が見てもらえると思う」
 

「最初は素人っぽかったと思う。でも今はそんなこと言わせない」


「なでしこ見てくれたら、sHue :)ってこんなやつだ、って、分かると思う」


「女の子っぽい、ふんわりした写真って言われます。草食系カメラマンかな」


「ボクはちょっと動いただけ。あとは、周りの人が育ててくれた」


「『ふぉとぽえまー』、フォトグラファーとかカメラマンよりひっかかるっていうのが狙い」


「なでしこやりながら、別のショットで撮らせてもらって、それに詩をつけたコラムもやらせてもらいました。これからも何かメッセージ、伝えたい」


「HPの写真ブログは毎日更新してる。長い間毎日やることで、すごい、って思ってもらえる。たまに1日で1000くらいアクセスがある」

 


---写真の、何が好き?


「撮るっていう、行為が好き。別の世界があるっていうか。ニコンのカメラは、シャッター音で選んだ」
 



---日本に帰ってから、どうするの?


「まず東京で、3ヶ月バイトしてお金貯めて、スタジオや雑誌の編集部を実際に回って売り込む」



「25, 6までに、プロの、フリー・カメラマンになります」




sHue :) くんの未来に、GOOD LUCK!

 

 

ホームページ:solitary-toys.jugem.jp/
GO豪コラム:www.gogomelbourne.com.au/columns/shue/

 

 

聞き手・文:田部井紀子

 

☆お知らせ☆今週から3回に渡り、sHue:)くん解説による『なでしこ総集編』をお届け予定。お楽しみに!


 

   

関連記事

最新記事

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

船旅(4)

最初のころは物珍しさも手伝って、それほど退屈にも思わなかった船旅.....

船旅(3)

船長のピーター・マクミランが皆がそろったところで、自己紹介をして.....