インタビューinterview

スポーツsports

空手家&ソプラノ歌手として 想いを表現

國際松濤館空手道・世界大会チャンピオン 峰岸夏子さんに聞く

2013年2月20日掲載

お腹の底から響き出てくる声、じっと遠くを見据える強い視線。シュっという空気を切り裂く音とともに空手の形が決まった。昨年シドニーで開催された國際松濤館空手道連盟の世界大会で、サウスヤラ在住の峰岸夏子さんが、2つの金メダルを手にした。

 

【峰岸 夏子さん プロフィール】

ソプラノ歌手、声楽教師、空手家。高校時パースに移住し、西オーストラリア大学理工学部在学中に尚武館空手道を始める。途中音楽に専攻を変更し、メルボルン大学音楽部声楽学科へ進む。メルボルンでは尚武館空手道がないため、松濤館空手道を白帯からやり直し、日本で黒帯を取得、現在四段位。2007年には自身の道場(國際松濤館空手道連盟、夏龍会)をRichmondに開いた。現在はサウスヤラにも道場開設。

 

―世界大会での優勝おめでとうございます!

加齢とともに怪我が増え、仕事も忙しくなり、もう選手をリタイアしてしまおうかとも思っていたのですけれど、昨年、日本の祖母が97歳で亡くなってしまったんです。お祖母ちゃんの分も夢に向って生きていかなきゃという気持ちになって、オーストラリア国家代表選手として大会に臨みました。母も日本から来てくれましたし、生徒も沢山メルボルンから来てくれて、試合中もすごい守られているというか応援されているという感じがして、とても勇気づけられましたし、心から試合を楽しむことができました。さらにこの大会では開会式も担当し、国歌も斉唱したのでものすごく大変でした。でも最高に充実した経験をさせてもらいました。

  

 

―個人型というのはどういった部門なのですか?

アイススケートの競技みたいに、得点制で技の順位が決まっていて審判の前で披露します。誰も相手がいないので、自分との戦いです。集中力と呼吸力と体力と全てが必要とされます。私は組み手より型の方が得意です。

 

―空手は誰でも楽しめるスポーツですか?

大会には60カ国から700名ほどが参加しました。最高年齢参加者の80歳を過ぎたウルグアイの女性も金メダルをとりました。彼女はみんなに愛されていて、さよならパーティーでもずっと踊っていました。国際松濤館の空手連盟は特にお年寄りに優しいです。館長も83歳ですし、マスターズの大会も大きいです。空手を生涯の武道としてやっていきましょう!という雰囲気があります。

 

夏子さんはシドニー大会での開会式を立案企画し、自らもソプラノ歌手としてオーストラリア国歌を歌い上げた。

和太鼓とアボリジニ楽器との競演、会場いっぱいに響きわたる夏子さんの歌声。セレモニーは大反響のうちに終わった。

 

―ソプラノ歌手と空手家、共通点はありますか?

どちらも個人の生き様と心が表れるものだと思います。気持ちを込めて、何かしら表現がないとだめです。たとえば歌ならば声を出すには理由がある。先生が「何でも良いから表現してごらん」ていうと、みんなたいてい上手くなります。自然に呼吸も音も出るし、聞いているほうも歌っているほうも楽しい。その人が人生で経験してきたことをメロディーに合わせて出してあげる。響きある生きた声を出せた時、或はレッスンしている相手からそういう声を引き出せた時が1番嬉しいです。

空手でもそうです。ただ突いているときよりも、意味をこめて自分の愛情でもいいし、フラストレーションでもそのこぶしに何かをのせてごらんといった方がいい突きをしますよ。自然と力が抜けてね。気合もいい声になりますし。 そうしていろいろなものを出してしまい、心を空にするのが空手の最終目的なんですが。

 

  

 

―これからの目標を教えてください。

この6年間、かなり空手を頑張りました。なのでその分今度は歌手、芸術家としての活動を増やしたいと思っています。空手は一生続けていきたいし、それに対する熱意は変わらないですけど、優勝というひと区切りがついたので、世界大会参加は10年後にする予定です。国内大会は9月の終わりにキャンベラで参加します。
ソプラノ歌手の活動としては、今年2つのリサイタルがあります。
また空手家の半生をモチーフにした舞台 ‘Back at Dojo’ が来年上演予定で、歌手・パーフォーマー・そして空手コーチとして3役に挑戦します。いろいろなことに挑戦したいです。


―夏子さん、ありがとうございました。
 


文:久里類 写真:maruyo


ソプラノ歌手 峰岸 夏子 Homepage
http://www.sopranonatsuko.com

国際松濤館空手道連盟「夏龍会」道場
http://www.karyukaikarate.com
 

コメント

以前のコメント

雄三   (2013-02-25)
日本で空手をしています。いい記事ですね。
たらこ   (2013-02-21)
あ、ほんと、久里類さんだ。 しかし夏子さんってかっこいいですね!
稔   (2013-02-20)
おっ!久里類さん発見!

関連記事

最新記事

船旅(8)

「アマンダは、どうして殺されたのか?」「犯人は一体誰なのか」その.....

船旅(7)

船が次の停泊地、香港に着いたのは、オーストラリアを離れて10日目.....

船旅(6)

アマンダの目が、テーブルの上に置いてある、光江が読んでいた本に目.....

船旅(5)

 翌日、光江はいつものように3時頃散歩に行ってくると言うニールを.....

船旅(4)

最初のころは物珍しさも手伝って、それほど退屈にも思わなかった船旅.....