ライフスタイルlife

スポーツsports

今年もジローン・キャッツ強し!!

AFLは、中盤を迎えて盛り上がってきた。

今シーズンのAFLもラウンド12と折り返し地点を迎える。

現在、トップを走るジローン・キャツと中盤に位置するエッセンドンの戦いをレポートする。



キャメロン・リン Cameron Ling
ジローン・キャッツのキャプテン
ミッドフィルダー 
Number 45
Height 189cm
Weight 92kg
DOB 27-02-1981
Debut 2000

昨年は、シーズンの終盤まで連勝街道を突っ走ったジローン・キャッツだが、今シーズンは、ベテランの怪我などで出遅れた。
ラウンド5を終わった時点では、3勝2敗と、先行きが危ぶまれた。
しかしその後は、調子が戻ってきて勝利を重ねて、今週のラウンド12を含めて7連勝。
特にラウンド9で難敵コリンウッドを破ったのが大きい。
キャプテン、キャメロンリンを中心に、昨年の主力選手の多くが残っており、今年もキャッツ強しの様相を呈してきた。



ゲーリー・アブレット Gary Ablett
ミッドフィルダー
Number 29
Height 182cm
Weight 88kg
DOB 14-05-1984
Debut 2002

昨年のAFL最優秀選手賞であるブロウンローメダルを親子二代に渡って獲得。
来年2011年に新しくAFLに参入するゴールドコースト・フットボール・クラブに移籍するという強いうわさが繰り返し新聞などで流れている。
注目の人。
 



ポール・チャップマン
フォワード
Number 35
Height 179cm
Weight 88kg
DOB 05-11-1981
Debut 2000

ミッドフィールダーも兼ねるユーティリティープレーヤー。
大型選手が多いAFLの中では小柄だが、パワフルなプレーで、ジローンの中では目立つ選手。
今年も快調にゴールを決めている。



ジョエル・セルウッド Joel Selwood
ミッドフィルダー
Number 14
Height 182cm
Weight 86kg
DOB 26-05-1988
Debut 2007

高齢化がジローンの課題であったが、若手が育ってきている。
セルウッドは、若手の中心選手のひとり。

ラウンド1でも戦ったエッセンドンだが、154対83とまったく問題にせず一蹴。
さ来週のラウンド13(6月25日金)で、昨年、優勝を争ったセントキルダと激突する。
現在のジローンの安定した戦い方見るとジローン優勢と見られる。

ボールを持つのは、ジョエル・セルウッド。
現在の順位(ラウンド12が終わってないので暫定)

1.Geelong Cats
2.Collingwood
3.St Kilda
4.Fremantle
5.Carlton
6.Sydney Swans
7.Western Bulldogs
8.Hawthorn
9. North Melbourne
10.Brisbane Lions
11.Essendon
12.Port Adelaide
13.Melbourne
14.West Coast Eagles
15.Adelaide
16.Richmond

撮影データ Canon EOS 5D MarkⅡマニュアル露出 スポット測光 絞りF2.8 1/1250秒 ISO感度 3200 露出補正 AWB 画質圧縮率 JPEG レンズ EF 400 mm f/2.8L 発光
撮影 板屋雅博

 

関連記事

最新記事

アクセスランキング

  1. Sakura Flowers フラワーアレンジメント・レッスン
  2. もう一つのテニス、強豪国は日本
  3. オーストラリアでの日本代表オフィシャルグッズ販売について
  4. 居酒屋 八兵衛 6月22日をもって閉店
  5. Jankara de 遊ばナイト

トップ20リストへ

人気の記事