日本人コミュニティsociety

文化活動・イベントレポート・お知らせreport

天皇陛下77歳のお誕生日を祝して

在メルボルン日本国総領事館公邸にて祝賀レセプション

2010年12月9日。トゥーラック(Toorak)にある在メルボルン日本国総領事館公邸にて、天皇陛下77歳のお誕生日(12月23日)及び年明けに控えた即位22周年を祝う祝賀レセプションが開催された。
 

日豪の財政、教育、芸術界などおよそ350名が出席。

    
 

小竹日本国総領事が、「豪州は日本にとって最大の貿易相手国であり、また一方で、日本は米・英に続いて豪州への直接投資が大きい国である」と述べ、変わらず良好な、両国の経済的互恵関係を強調。続けて今年メルボルンで盛大に開催された愛知県とVIC州姉妹都市提携30周年イベントの例を挙げ、日本は豪州に100以上の姉妹都市があり日豪間における文化交流レベルの深さについても言及した。

  

 

移民多文化共生・市民権担当相(Minister for Multicultural Affairs and Citizenship)のニコラス氏も壇上で日豪交流の重要性を、時折日本語での表現を交えて主張した。

 

 

会の途中メルボルンらしいと言うべきだろう突然の雨に見舞われたものの、祝福ムードを感じ取るかのように雨脚はすぐさま弱まり、出席者たちは歓談を楽しんだ。
 

関連記事

最新記事

墓巡り(3)

僕はアマンダの声を聞いて、すぐに聞き返した。 「うん。どうして?.....