Logo for bishuwine

2017 Mitchelton Marsanne

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

日本を離れて十数年。

年賀の挨拶も忘れがちです…。

 

今、オーストラリアではブッシュ・ファイアーの被害が止まりません。

ここメルボルンでも巨大な煙の雲の影響で、深刻な呼吸器疾患の危険に晒されました。

 

アデレード・ヒルズのワイン生産者の中に私の知り合いがいます。

従業員の方々は皆さん無事だったようですが、残念ながら葡萄畑が全焼とのこと。

これから次のワインを造るためには5年もかかるそうです。

次のヴィンテージを心待ちにしますが、それまでに何かできることがあればと考えています。
 

皆さんもうご存じかもしれませんが、今回のブッシュ・ファイアーで様々な方法で募金等で協力できます。

ちなみにメルボルンのレストランやカフェ、バーがチャリティーで募金を募っています。
食事する機会に貢献できますよ。
チェックしてみて。broadsheet.com.au/melbourne/food-and-drink/article/bushfire-relief-spend-these-melbourne-venues-help



さて今回のワイン。
 

2017 Mitchelton Marsanne

Central VictoriaのNagambieにあるワイナリー”Mitchelton”。
ここのワイナリーの魅力はなんて言ったってフランス南部ローヌ地方の白葡萄品種(Viognierヴィオニエ、 Marsanneマルサンヌ Roussanneルーサンヌ)のワイン。
今回のワインはMarsanne単体のワインですが、ブレンドもぜひ試してみて。

マルメロ、ピーチ、アプリコット、ビーズワックス、レモンタイム、グリーンアーモンドの香り。
スケール感があっていい。イキイキとした酸とミネラル、そしてクリーミーな味わいがより複雑さを形成していて、余韻まで楽しまさせてくれます。

マッチングの料理:料理本のCibiからKatsu Sandwich with Pickled Fennel and Cucumber

 

Cheers!

コメント

関連記事

Switch Board

シティの真ん中で、静かな時間を過ごせるカフェを発見。

最新記事

墓巡り(最終回)

 僕が怖がっているのを知って、その女の人の声は悲しそうに言った。.....

2017 Mitchelton Marsanne

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します.....

えあこん

10・25日のお楽しみ! 今回のお題は

墓巡り(6)

僕の趣味だった墓巡りは、僕が孤児院にいる間中断された。歩いて行け.....

カレンダー

<  2020-01  >
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

毎回、お薦めのワイン(ビール、日本酒も含む)を紹介し、それに合う料理の提案、たまにはワインの豆知識をつづるコラム。

記事一覧

マイカテゴリー